2021.08.07

LIFESTYLE

店内には希少な名作アートや現代家具が! シェフのキュレーション力が光る西麻布のイタリアン「ISSEI YUASA」

イタリアの本場リストランテの味を、まるでアート・ギャラリーのようなこだわりの空間で楽しむ。そんなシェフのキュレーション力が光る、注目のレストランを紹介しよう。

インターネットに様々な情報が氾濫する現代において、ますます重要視されるのが真に価値あるものを見極める“キュレーション力”。レストランにおいても、シェフやオーナーが自身の価値観に基づいて情報を集め、厳選したものだけを提供するキュレーション力の高いレストランに人気が集まっている。

4月に西麻布にオープンした「ISSEI YUASA」は、イタリアで現地の食文化を体験し、帰国後は全国の食材の産地を巡った湯浅一生氏のイタリア料理店。食材は湯浅氏と“食材ハンター”なる人物が選んだ、旬のものばかりだ。おまかせコースの14皿には、「イタリアで見てきたものを日本の食材で追体験してほしい」という湯浅氏の想いが表現されている。

「リヴォルノ風カチュッコ」。うま味がのった下田産の金目鯛は90度で蒸し焼きにして旨みを引き出している。ワインペアリングはフル1万9800円、ハーフ1万3200円で楽しめる。

たとえば夏のコースの序盤に登場する冷製パスタは、本場のリストランテの味を彷彿とさせる洗練の一品。「カチュッコ」は、トスカーナ州リヴォルノの濃厚な味を静岡県産の鰹の本枯節を使ってエレガントに表現したスペシャリテだ。ふくよかな香りを閉じ込める蓋付きの器は、人間国宝の陶芸家、井上萬二作。店内のクリエイティブディレクションはアートディレクターの山本菜々子氏が手がけており、シャルロット・ペリアンなどの名作家具や現代アートに出会う楽しみもある。食材にも空間にもキュレーション力が光る一軒だ。

大理石のカウンターにピエール・ジャンヌレの椅子が並ぶメインダイニングは6席。個室もある(6席)。大理石のカウンターにピエール・ジャンヌレの椅子が並ぶメインダイニングは6席。個室もある(6席)。





国内外の有名店で研鑽を積んだ湯浅一生シェフ。●東京都港区西麻布1-4-22 アートスクエア西麻布1F TEL.03-6804-1191

文=小松めぐみ(フード・ライター) 写真=田村浩章

(ENGINE2021年8月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録