2022.06.05

CARS

ただのステップワゴンでは飽き足らない人に 純正アクセサリーがホンダアクセスから登場

ホンダのディーラー・オプション品の製作を手掛けるホンダアクセスから新型ステップワゴン用の純正アクセサリーが発売された。エクステリアのドレスアップ・パーツから内装用の装飾パーツ、さらに利便性を高める部品など、新型ステップワゴンの魅力をさらに引き立てるアクセサリーが多数用意される。

エアー用のキーワードは、「スポーツミックス」

エクステリア・パーツは、エアー用とスパーダおよびスパーダ・プレミアムライン用の2種類を用意。エアー用パーツは「スポーツミックス」がキーワードで、フォグライト・ガーニッシュ(4.62万円)とリア・コーナーガーニッシュ(2.97万円)、ボディサイド・モール(5.94万円)、テールゲート・スポイラー(4.18万円)が用意される。



スパーダ用のテーマは、「エモーショナルソリッド」

スパーダ系は「エモーショナルソリッド」をテーマに、ダーククロームメッキとプラチナクロームメッキの2種類のフロント・グリル(5.94〜6.325万円)、LEDビームライト付きのフォグライトガーニッシュ(5.61〜6.38万円)を設定。フロントまわりにワンポイントのアクセントを加えることでイメージチェンジが図れる。

ホイールは、2種類の色違いを持つディッシュ・タイプ(各2.75万円/1本)と、5ツインスポーク(1.936万円/1本)の3種類で、サイズはいずれも16×6.5J。マッドガードはエアー用(1.76万円)とスパーダ系用(2.31万円)で形状が異なる。



質感と使い勝手を向上

インテリア用にはレザー調のシート・カバー(8.36万円)を設定。1列目には上部ポケットや助手席シートバック・ポケット対応ファスナー、ティッシュボックス・ポケット、2列目にもシート・ポケットを設置するなど、質感だけでなく使い勝手も向上させている。エイジング・レザー調のインテリア・パネル(3.19万円)やフローリング・タイプのフロアカーペット・マット(4.29万円)も、イメージチェンジに効果的だ。



車中泊用アイテムも充実

また、1列目と2列目を仕切るセパレート・カーテン(7700円)やプライバシー・シェード(1.65万円)、荷室左側に設置するACコンセント(1.98万円)など、流行の車中泊に便利なアイテムも用意。ボックスティッシュも収まる大型ルーフ・コンソール(2.64万円)や、2列目ベンチシート下用の収納ボックス(8800円)など、広いスペースを活用する収納アイテムも揃う。リア席用の液晶モニターはサイズ違いの2種類(8.47〜14.96万円)から選べる

そのほか、足先の動きで自動開閉できるハンズフリー・スライドドア(片側2.97万円、両側5.55万円)や、左側スライドドアに連動するオート・サイドステップ(21.78万円)といった乗降性をアップさせる機能を付加することも可能だ。ただし、このふたつは同時装着不可となっている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED