BACK NUMBER

No.259

【ENGINE9・10月号】2022年版、エンジン・ホット100ニューカーズ!



2021年07月26日発売 本体価格:1200円(税込)

定期購読はこちら

【巻頭特集】
“大変革期のいま”だからこそ、乗りたいクルマはこれだ!
2022年版 エンジン・ホット100ニューカーズ!

コロナ禍がようやく収束の兆しを見せたかと思ったら、今度はウクライナとロシアの間で戦争が始まり、まるでジェットコースターのように目まぐるしく変化する世界情勢。それと呼応するように、クルマの世界もいま、間違いなく大激変の渦中にある。

内燃機関から電気へ、という100年に一度の大変革に加えて、半導体不足を始めとする原材料調達の困難、原油高騰、円安など、さまざまな問題が噴出して、クルマの世界の先行きを不透明にしている。

しかし、それではもっか、私たちの前にあるクルマが面白くないかと言えば、そんなことはない。それどころか、こういう〝大激変期のいま〞だからこそ、ぜひとも乗っておきたいクルマが、まるで時代の谷間に咲いた美しい百合の花のようにズラリと並んでいるのだ。そのどの花が、私たちクルマ好きの欲望を一番刺激するのか。

今年のホット100は、いつにもまして、熱気を帯びたものとなった。内燃機関車もハイブリッド車も電気自動車も水素燃料車も入り乱れての大激戦を勝ち抜いたのは、以下にご紹介するクルマたちである。上位に輝いた各車についての代表原稿に加え、ホット100委員42人の1台1台に対する選評も合わせて、隅から隅まで、ぜひ、じっくりとご賞味ください。




【ニューモデル海外試乗記】
ミッドシップ後輪駆動のランボルギーニ・ウラカン・テクニカにスペイン・バレンシアで乗る


 
【ENGINE ROAD TEST SPECIAL】
ポルシェの新着モデル、911、718、カイエン、パナメーラにイッキ乗り!


 

【ENGINE WATCH CLUB】
多様化するダイバーズウォッチ、最前線!

 

【人気連載】
わが人生のクルマのクルマ。第19回 中島健太(画家)
身の丈に合わないクルマを買い続けてきた、37歳のマクラーレン540Cオーナー








RANKING