2020.04.12

LIFESTYLE

絶景の地に建つ独創的なセカンド・ハウス 東京湾の夕陽と星空が素晴らしい

千葉県富津に建てられた別荘。トヨタWiLL VSに乗るオーナーのお気に入りは、東京湾に沈む夕陽をリビングから眺めることだった。

PQさん(70代)の別荘は、リビングから東京湾に太陽が沈んでいく様子が眺められる立地だ。もちろん一面を窓としたのは、この特別な景色を楽しむためである。別荘があるのは、内房の富津市。写真の左手に、うっすらと房総半島が見える。天気の良い日は、対岸の三浦半島はもちろん、遠くに富士山まで望めるとか。窓の高いところは6m近いが、単に窓を大きくするのではなく、変化を持たせることで、効果的に景色が切り取られるよう工夫がされている。しかも、近隣の民家やマンションが視野に入らないよう配慮された設計なので、覗かれる心配もない。バスタブに浸かりながら、気兼ねなく夕陽を楽しむことも可能だ。会社員だったPQさんは10年前にリタイヤし、時折訪れる別荘でこうした時間を楽しんでいる。


さて、敷地は海岸から200mほど離れた小高い丘の上にある。古くから絶景の土地として知られていたようで、かつては立派な武家屋敷が建っていた。いくらでも土地がある時代にわざわざここを選ぶとは、よほどのこだわりがあったのだろう。庭には当時を偲ばせる大きな庭石が残っている。しかも戦後この土地を管理していたのが、日本の多くの一等地や名建築を手に入れたGHQ関係の不動産会社だ。折り紙付きの土地である。ところが長いこと買い手がつかないでいた。クルマがやっと通れる幅の急坂しかアクセスの無い大きな敷地は、一人のオーナーが別荘にする以外方法が無かったのだ。


こうした周囲から閉ざされた土地である。どんな家を建てても近所への気兼ねは不要だ。PQさんは建築家に個性的であることを強く要望し、この別荘は生まれた。設計は小誌でもお馴染みの廣部剛司さん。ネットで調べたところ、幾何学的な意匠の海辺の別荘が目に留まり、依頼をしたのである。実は建築や芸術にも造詣の深い建て主。世間一般の正統派のスタイルとは異なる、独自の美意識を持っている。誤解を恐れず簡潔に表現すると、「奇抜で少々グロテスクなものに惹かれる」となるのだろうか。それはクルマ選びを見ても分かるだろう。


現在のクルマは、17年間乗り続けたトヨタのWiLL VS(2002年型)だ。WiLLは、トヨタの他に花王やアサヒビールなど、日本の大手企業数社が共同して99年に立ち上げた冒険的なプロジェクトである。トヨタは第1弾として、カボチャの馬車を思わせるWiLL Viを発表。WiLL VSはそれに続く第2弾だ。PQさんは、このクルマのリアゲート中央に入ったプレスラインに、得も言われぬ魅力を感じるのだという。「WiLL VSは若者向けのデザインのように思われていますが、ディーラーで聞いたところ、意外と私のようなベビー・ブーマー世代が買っていたようです。斬新なデザインなので、当時は鉄仮面のようだとか、バットマン・カーだとか色々と言われたものです。ですがVS以前、こうした形のクルマは存在しませんでした。それがこの後には続々と登場しています。私は、そうした時代の転換点となるデザインに興味があるのです」


言われてみると、たしかにそうだ。そして2年前にPQさんのもとにやってきたトヨタC-HRも、近年のトヨタ車のデザインを方向付けたクルマである。


WiLL VSは、最初の8年間は片道10キロの通勤にも使い、リタイヤしてからも別荘行きやゴルフにと、生活に欠かせない。現在、走行距離は22万キロに達している。もちろん、デザイン以外に走りも気に入っており、できればずっと所有していたいと考えているそうだ。



個性的だが贅沢ではない

因みにそれ以前のクルマも、アンフィニMS-8やカペラ・カーゴなど、独創的な国産車ばかり。少々意外に思えるが、「外車に乗っているのは、どこか気恥ずかしい」らしい。「個性的だが贅沢でないもの」が好みなのだ。


こうした哲学は、別荘の設計の際にもぶれることはなかった。「個性的な別荘に」との要求に、廣部さんは意欲的な設計で応えている。四角い箱型の建物ではなく、壁も各部屋の床の形も、三角形を幾つも組み合わせたデザインにしたのだ。この手法であれば、見たことのないような空間が出来上がるうえ、それぞれの部屋も必要最小限の広さで済む。また、どの部屋からも海と夕陽が望める、弧を描いた構成も可能だ。


外観も、上写真の中央から突き出している三角形の壁が大きなポイントとなっている。この壁によって、来訪者は玄関に導かれるのだ。しかもこの壁のトップのラインは、屋根に到達してからも、ジグザグのラインを描いている。この独創的な建物を実現するため、施工は技能オリンピックで優勝した技術力のある棟梁が担当した。


また、クルマと同様、PQさんは形には拘ったが、贅沢さは求めなかった。そのため外装は安価なガルバリウムに塗装したシンプルなもの。内装もシナ合板を使ったが、合板と合板の継ぎ目に目地が無い、凝った仕上げとなっている。これに対応したのも、前述の棟梁だ。


こうして完成した別荘は、日本だけでなく数多くの海外メディアにも取り上げられた。南米のSNSが、リビングの向こうに夕陽が沈む写真を紹介した折、何千もの「いいね」が付いたことも。この地球上で絶景の地に建つ、このようなデザインの建築は、そう多くないのだろう。いずれこの別荘は、クルマ同様PQさんが求めたような「時代を体現する建物」と評価されるのかもしれない。


 

■建築家:廣部剛司 1968年神奈川県生まれ。日本大学卒業後、芦原建築設計研究所に勤務し、その後独立。国際的には海辺の別荘で知られるが、中庭のある都市型住宅も得意とする。小誌に度々登場。写真は2016年3月号で紹介した海辺の別荘。アルファロメオ・スパイダー・ベローチェとシトロエンC3に乗るイタフラ車好きとしても有名。著書に『サイドウェイ建築への旅』がある。この夏『世界の美しい住宅』が出版予定。


文=ジョー スズキ 写真=山下亮一


(ENGINE2020年3月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED