2021.02.23

LIFESTYLE

傾斜地に建つケーブルカー・ハウス 家のなかに坂道がある【ENGINE・ハウス】

群馬県高崎市在住の久保木雄さん、知香さん夫婦の愛車は、トヨタFJクルーザーとミニ。FJクルーザーは悪路や坂に強いとはいえ、まさか自宅のなかに坂があるとは!!


ミニとFJクルーザー

群馬県の高崎市の緑多い丘に建つ久保木邸。雄さん(37歳)と知香さん夫婦は、「うさぎとカメラ」という名前の写真屋を運営している。結婚式や家族の写真を中心に撮影するが、スタジオを構えるのではなく、日本中どこにでも出張するスタイルだ。高崎は交通の要衝で、高速道路を使ってクルマで移動するにも、新幹線で東京に出るにも便利な都市。二人は近県の出身だが、この町で結婚し、長男の小学校入学のタイミングでこの家を建てた。


因みに屋号は奥様の命名で、当時「おねぎ」という名前のうさぎを飼っていたことから。このうさぎの名前をローマ字で書くとONEGIに。ちょっとした駄洒落で、ミニONEに乗ることになった。ミニはかつての久保木さんの愛車で、今は奥さんが乗っている。


久保木さんは、FJクルーザーがアメリカ専用モデルの時代からのファン。これまで販売されたサイズや色の異なるFJクルーザーのミニカーを全て集めている。その数なんと21台。これほどの人気車種だったとは。結婚する前から、トヨタFJクルーザーとすれ違うたびに、「いずれ乗りたい」旨伝えていた久保木さん。背中を押したのは、生産中止のニュースだ。急いで決断し、2016年製の新車を手に入れた。色も大事で、当時販売されていた中で最も好みの、落ち着いたブルー系を選んでいる。


幅3.6m、東西が約23mの細長いケーブルカーのような久保木邸。東西で、高さは3m以上違う。高い木は、切らずにできるだけ残した。 等間隔で窓が向いているのは北側で、今後庭を作っていく予定。出入口は、道路のある西側と一番低い東側の2か所。屋根の上にはデッキが設けられている。

「FJは乗り心地がそれほど良い訳ではありませんし、ドアも観音開きで利便性も悪く、エンジンも4リッター。燃費も悪いです。でも、普段使う道具でもそうですが、ひと手間かけてでも、楽しめるものが好きなんです。そしてこのデザイン。何にも代えがたいものがあると思います。一生乗っていくつもりで、できれば将来息子たちに引き継いでもらえたら良いのですが」と、熱く語る。FJは、久保木さんの仕事だけでなく、家族のキャンプなど、様々な場面で活躍中。もっとも二人の息子さんは、四駆に乗るのも好きだが、お友達の家にあるようなミニバンの後席で、テレビを見るのも大好きなんだとか。これは少々悩ましい。


東側の玄関2の扉を開けると、真っすぐな坂が西側の道路に面したもうひとつの玄関1まで一直線に伸びている。一般家庭の一階分に相当する高さを、階段ではなく坂道で移動。家の南側は道路に接しているので、窓の位置が高い。玄関1の扉がガラスのうえ、屋根がカーブし天井高は家の中央部が少し低いため、向こうに何かがあるようなワクワク感が生まれている。

そんな久保木さんたちの家は、去る7月に完成した。場所は景色が良く朝日の当たる、久保木家が拘った条件を満たした、駅までも歩ける丘の上。そして建った家は……一般的な家とは異なる姿をしている。けして奇抜なものではない。この敷地に合わせたシンプルな細長い形の家だ。しかしその姿は、家というよりケーブルカーなのである。そのうえ屋根は微妙にカーブしていて。一体中はどうなっているのかと、誰もが思うことだろう。


人気(?)の建築家に依頼

そんな気になる家を設計したのは、地元の高崎で生物建築舎(いきものけんちくしゃ)を主宰する藤野高志さんだ。藤野さんは、生まれ育った高崎に事務所を構えているが、時代を先取りした作風で若い世代から圧倒的に支持されている、全国区の建築家である。代表作である自身のアトリエは、壁面は変形のコンクリートで、天井は全てガラス張り。床は地面の上にセメントを混ぜた砂を突き固めたワイルドな仕上げだ。しかも直接床に植えられたレモンユーカリなどの柑橘系の植物が、芳しい香りを漂わせながら天井近くまで生育している。それだけではない。日差しの強い夏はパラソルを広げ、ガラスの天井に雪が積もって寒くてたまらない日は早く帰宅するなど、自然をダイレクトに感じながら日々を送っているのだ。こんな建築、見たことがない。


キッチンからの眺めは絶景。キッチンのすぐ向こうはダイニング、そこから一段下がった所にリビング、そして窓の向こうには、高崎の市街地を見下ろせる。天井には照明など付属物は無く銀一色。ここに映る外からの光の色が魅力的だ。

人物の写真の撮影を生業としている久保木さんは、人間をよく観ているのだろう。設計を依頼したのは、もちろん作風への共感もあるが、藤野さんのこうした自然に対する感性と植物に対する知識の深さ故だった。そんな建築家はこの敷地を訪れ、3mある高低差が魅力的なことに気づく。普通であれば道路に接する西側の道路に沿って一階を作り、上か下にもう一階分設けることだろう。


しかし藤野案は、敷地長いっぱいの斜面を感じる細長い平屋。しかも内部は階段状ではなく、坂になっている。より正確に言えば、内部は巨大な坂のワンルーム空間だ。但し、リビングや、ダイニング、キッチンは、坂から持ち上げられた平らな木製のステージである。それぞれの高さが違うので、最も上の台所からの眺めは「なかなかの絶景」だと奥様。もちろん部屋間の移動は、坂になっている廊下を利用する。ステージと坂の間に生まれた空間は収納に充てられており、無駄は少ない。そして天井部は、照明などの付属物を何も付けず、銀色に仕上げた。普通ならば驚くようなプランだが、久保木さんは作風を理解して「お任せしたのだから」と、個性を楽しんでいる。


子供部屋の扉は、半透明のポリカーボネイト。奥様のいる場所は寝室。先日もカーテンの留め具を自作するなど、久保木邸にひと手間を加えて、さらに魅力的なものにしている。床の下は収納。
等間隔に空けられた窓と窓の間の壁面に、久保木さんの撮った家族写真が。写真を加工するワークスペースに扉が無いため、子供たちは働く父親の姿を日々感じている。

このように施主が建築家に敬意を払うだけでなく、建築家も施主を深く思っている点も印象的だ。藤野さんは、久保木さんの感受性が素直に発揮されるよう、提案が強くなりすぎないように配慮している。街が望める眺めの良いリビングの窓もあえて特等席とはせず、坂に沿った窓も等間隔に設置するなど、ニュートラルな意匠に仕上げたのはその一例だ。こうした思いを感じ取ったのだろう。窓から差し込む一瞬の光が室内に美しく広がった写真が、時折久保木さんから届くそうだ。なんとも素敵な関係である。


子供が成長する家

さて、この家のハイライトである坂は、ミニカーを走らせたりと、お子さんたちにとって格好の遊び場になっている。先日、初めて学校の友達が遊びに来た時も、お友達は「本当に家のなかに坂があるんだ!」と大騒ぎ。お子さんたちは、この家での暮らしの楽しさを学校でも話していたのだ。久保木邸内の坂と、平らな木のステージ状の部屋の段差には手すりが無いが、お子さんがそれとなく友達に注意している場面に、「成長を感じる」と奥様は話す。


そう、この家に移って日は浅いが、お子さんたちは少しずつ変わってきているそうだ。まず大好きだったテレビを観なくなった。そして、兄弟が二人並ぶ朝食時は、天気のことを話したり庭にやってくる鳥のことを話題にしたり。家が、これほど子供に影響を与えるとは。このまま成長すれば、お父さんの大好きなFJクルーザーの良さが、もっとよく分かるに違いない。


■建築家:藤野高志 1975年群馬県生まれ。東北大学大学院修了。清水建設、はりゅうウッドスタジオを経て独立。写真にある自身のアトリエで日本建築学会の新人賞を受賞。植栽などの知識も豊富。建築専門誌に、影響を受けた書物として自動車雑誌を挙げるほどのクルマ好き。今まで所有した十数台の半分以上はオープンカーで、現在の愛車はホンダS660。


文=ジョー スズキ 写真=山下亮一


(ENGINE2021年2・3月合併号)


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録