2020.12.01

WATCHES

チャイム機構に革命を起こす、パテック フィリップ渾身の新作登場!

PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)/パテック フィリップ・グランドソヌリ 6301P 光沢仕上げの本黒七宝文字盤にホワイトゴールドのリーフ型針と植字のブレゲ数字が映え、6時位置にスモールセコンドを配置。また、9時位置にムーブメントのパワーリザーブ表示(72時間)3時位置にチャイム機構のパワーリザーブ表示(24時間)を加えて美しいシンメトリーを成す。チャイム機能はグランドソヌリ、プティットソヌリ、ミニット・リピーターを搭載。手巻き。プラチナ、ケース44.8㎜。時価。

全ての画像を見る

2020年最後を飾る新作が世界に向けて発表された。それは、リピーターウォッチの王者パテック フィリップならではの超大作。最高峰の複雑時計の分野でまたしても技術革新を打ち立てた。



希少価値絶大なグランドコンプリケーション

機械式時計の伝統的な複雑機構の中でも、とりわけ最高峰の技術を要するのが時刻を音で知らせるチャイム機構だ。パテック フィリップは、1839年の創業当初から精巧なチャイム機構を搭載した懐中時計を製作し、その技術伝統は受け継がれ、現在もチャイム・ウォッチの分野では群を抜く第一人者である。


この最新作もそうしたパテック フィリップの本領が存分に発揮されたグランドコンプリケーションだ。このモデルに搭載されるチャイム機構は3つ。正時と15分、30分、45 分に、時とクオーター(15分)の数を自動的に音で知らせる「グランドソヌリ」と、15分、30分、45 分には時は鳴らない「プティットソヌリ」、そしてプッシュボタンの操作によりオンデマンドで現在の時刻を分単位まで告げる「ミニット・リピーター」だ。


腕時計でこれらのチャイム機構をすべて併せ持つモデルは極めて少ない。パテック フィリップは、こうした希少価値絶大なグランドコンプリケーションをレギュラーモデルとして発表するのだから驚くほかない。


サファイアクリスタルのケースバックからは、パテック フィリップ・シールのすべての厳格な認定規準に準拠した新しいキャリバーGS 36-750 PS IRM が鑑賞できる。音を告げるハンマーとゴングを始め、美観を大切にした設計と細部まで入念に施された仕上げが目を楽しませる。


6時位置にチャイム・モードを選択する特許取得のスライドピースを配置。グランドソヌリとプティットソヌリの切り替えに加え、自動チャイム機構のソヌリを完全にOFFにするサイレント・モードも選べる。


最新の複雑ムーブメントは見どころも満載

「パテック フィリップ・グランドソヌリ 6301P」に搭載された新しいキャリバーGS 36-750 PS IRMは、パテック フィリップが創業175周年を祝った2014年に発表した「グランドマスター・チャイム」のキャリバー300から派生したものだが、技術的な見どころは豊富にある。


まず通常の時計用とチャイム機構用にそれぞれ独立した2組のゼンマイを設け、手巻きムーブメントに72時間、チャイム機構に24時間のパワーリザーブを実現した点。チャイム機構が時計機構のエナルギーを消費する問題を回避するためだ。


一般的なケース左のスライドレバーを排し、リュウズ格納のプッシュボタンに変えて、よりシンプルでピュアなデザインを実現。一見ではミニット・リピーターとは気づかない。


ジャンピング・スモールセコンドは、従来のようなジャンパー・スプリングの代わりに歯車とリリースレバーを使用し、毎秒輪列を瞬時に解放し、エネルギー消費の調整と制御を行う。


独立したそれぞれのゼンマイは、1個のリュウズで巻き上げが可能だ。さらにリュウズに格納されたプッシュボタンによってミニット・リピーターの作動が可能になる。通常はケース左に配されたスライドレバーを引き下げて行うのだが、操作しやすいプッシュボタンは秀逸だ。


さらにもうひとつの新鮮な特色は、6時位置のジャンピング・スモールセコンドだ。特許取得のこの秒表示では1秒ごとに針がステップ。このように興味深い技術を秘めながらも、時計の表情はいたってシンプルかつエレガント。控えめで上品な美観は、タイムレスな価値を重視する、いかにもパテック フィリップらしい。


問い合わせ=パテック  フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター
Tel.03-3255-8109


文=菅原 茂
(ENGINE WEB オリジナル記事)


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録