2021.01.25

CARS

オシャレなEV、DS3クロスバックEテンスが日本上陸!

電動化ではライバルに遅れを取っていたPSAグループだが、ここへきて本腰が入り、矢継ぎ早に電動化モデルを投入するという。DS3・Eテンスもその1台。DSの魅力を高める、いいクルマだった。


パリの思い出

2019年の晩秋にパリで試乗したDS3の電気自動車、Eテンスにようやく日本で乗ることができた。ちょうど1年前のことだ。まさか、コロナによって、世界がここまでかき回されるなんて、あのときは夢にも思わなかった。クリスマスの足音が聞こえはじめた活気に溢れるパリの街で過ごしたひと時が遠い昔のようだ……。


ロールス・ロイスより上!?

異国の地で初めて乗ったEテンスは静かで走り味がスムーズで、ラグジュアリーなDSのキャラクターにピッタリなクルマと思ったが、日本の道でもその印象は変わらなかった。ガソリン・モデルと比べて静かな走行音や滑らかで心地よい加速感もさることながら、特筆すべきは乗り心地。とくに路面状況の良いところでは、ドイツ・プレミアム・ブランドのサルーンはおろか、「ひょっとしてベントレーやロールス・ロイスにも負けてないんじゃない?」というくらい滑らか。


PSAは電動化にあたり、1つの車種でガソリン、ディーゼル、電気の中から動力源を選択できる“パワー・オブ・チョイス”という戦略を採っている。そのため、どの動力源でも装飾品以外は、見た目も機能も同一。Eテンスの室内も専用の白基調の内装色になるのと、メーターに専用の表示機能が備わる以外は、ガソリン・モデルと変わらない。

道路の修復跡のような大きめの段差では、ガソリン・モデルより300kg重くなった車重を支えるために脚が固められているためか、「ちょっと硬いな」と感じることもあるが、市街地、高速道路、ワインディング路など、どのような状況下でも小型SUVのなかではトップ・クラスの乗り心地の良さを備えている。


荷室容量はガソリン・モデルと同じ350リッター。
通常、急速充電用のソケットとも、ガソリン・モデルの給油口と同じ位置に備わる。上級仕様のグラン・シックのみで、価格は534万円。

そう聞くと、大きな横Gが掛かるようなワインディング路は苦手なんじゃないのと思うかもしれない。しかし、クルマの低い位置に重い電池を置く低重心化のおかげで、ハンドリングはスポーツSUVに勝るとも劣らぬほど軽快。キビキビとしたスポーティなハンドリングを見せる。


モーターはボンネット下に1つ。これで前輪のみを駆動する。136ps /260Nmの出力はガソリン・モデルの1.2リッター直3ターボとほぼ同値。ところが、力強さはEテンスの方が上。最大トルクは30NmほどEテンスが大きいだけだが、発生回転域が300-3674rpmとほぼモーターが回り始めるくらいのごく低速域から中回転域まで幅広い。これが功を奏している。加速の滑らかさでもEテンスがガソリンを凌駕する。


気になる航続距離は、50kWhのリチウム・イオン電池によりカタログでは最長398kmを謳う。しかし、試乗の結果から類推すると実質的には250km前後。ギリギリまでは使えないことを考えると200kmがひとつの目安になるだろう。


ガソリンより108万円高い価格、決して長くない航続距離など、選ぶにはそれなりに敷居は高い。しかし、DSの世界観に電気は似合っている。というか、DSの価値を間違いなく高めている。極上なDS3が欲しい人にとっては、Eテンスはベストな買い物だと思う。


文=新井一樹(ENGINE編集部) 写真=小林俊樹


(ENGINE2021年2・3月合併号)


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP