2021.03.31

CARS

ツーリングもオフロードも制する! ドゥカティ・ムルティストラーダV4 登場

市販モーターサイクル初のレーダーシステムを搭載するなど、最新技術を満載にしたドゥカティのニューモデル「ムルティストラーダV4」が誕生。ムルティストラーダ1260からすべてを刷新し、これまで以上にマルチパーパスとなった新型を、バイクジャーナリストの青木タカオ氏が解説する。



New Multistrada V4

2003年に初代が発表されて以来、累計11万台以上が生産され、その多用途性を拡大してきたドゥカティ・ムルティストラーダ。「4台のバイクを1台に」というコンセプトを掲げた2010年モデルは、モーターサイクル初のライディングモードを備え、市街地、ツーリング、スポーツ、オフロード、あらゆるライディング・コンディションで理想的な走りを実現してきた。


新設計V4エンジンや先進的な電子制御を満載にしたムルティストラーダV4S。


そしていま、2021年モデルとしてデビューした4代目は、軽量(66.7kg)でコンパクトなV4グランツーリスモ・エンジンを搭載。排気量1158ccで、最高出力170PS/最大トルク125Nm(12.7kgm)を発生する新しいV型4気筒エンジンは、圧倒的なパワーを発揮しながらも非常にスムーズで、低回転域では滑らか、中回転域では力強いトルク、そして高回転域ではエキサイティングなキャラクターとしている。


吸排気バルブの開閉にコンベンショナルなバルブスプリングを採用したV4グランツーリスモ・エンジン。


メンテナンス・インターバルも大幅に延長し、オイル交換は15,000km毎、バルブ・クリアランスの点検と調整は60,000km 毎に設定。いま市販されているモーターサイクルで、これほど長いメインテナンス・インターバルを実現したエンジンは他にない。


設定した速度内で、前車との車間距離を自動的に調整してくれるアダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)をモーターサイクル初搭載。


モーターサイクル初の前/後方レーダーシステム搭載!

最先端テクノロジーをふんだんに盛り込んだエレクトロニクス・パッケージも見逃せない。革新的な前/後方レーダーシステムを二輪車で初搭載し、アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)とブラインド・スポット検出(BSD)機能を装備。


また、「ムルティストラーダV4S」にはオートレベリング機能を備えたセミアクティブ・ドゥカティ・スカイフック・サスペンション(DSS)も備えた。


最低地上高220mmを確保し、先代MULTISTRADA1260よりホイールベースを25mm短縮。

シャシーの骨格となるアルミ製モノコックフレームに、19インチのフロントホイールやスポーク仕様のホイールにも対応できる両持ち式スイングアームをセット。短めに設定されたホイールベースや余裕あるストロークを持つサスペンション(フロント:170mm、リア:180mm)により、コーナリングは直感的で俊敏に、そしてオンロードとオフロードの両方で、より安全かつ快適にライディングすることができる。


前後17インチだったホイールは、フロントを19インチ化。スイングアームは片持ちから両持ち式に変わった。※スポークホイールとブロックタイヤはオプション


シャシーやエンジンを刷新しただけでなく、最新の電子制御をライバルらより先に採用したドゥカティの最新作「ムルティストラーダV4」。いま、ライダーからもっとも熱視線を浴びている大排気量アドベンチャーと言っていいだろう。


文=青木タカオ


(ENGINE WEB オリジナル)


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録