2021.04.11

CARS

新しいバカンススタイルは東京都心が“リゾート” ハイクラスホテルで「暮らす」休日

ステイする場所としてホテルは至高の場所だ。昨年から都心の名門が続々と長期滞在プランを発表。新しいバカンス・スタイルとして注目を集めている。


Resortという単語は、フランス語のsortir(出かける)に繰り返しを意味する接頭辞reがついたことで生まれた。つまり単なる行楽地というより、「何度も通う心地いい場所」というのが本来のニュアンスだ。そこでは日常と非日常の適度なバランスが求められる。実際、常宿で過ごす旅好きは少なくない。


世界がコロナ禍に見舞われて一年以上が経つ。多くの業種に多大なダメージを与えたが、観光業界はその代表格。移動そのものが憚られる逆風の時期にあって、東京都心の大型ホテルが相次いで長期滞在のプランを打ち出し始めた。なかでも興味深いのが紀尾井町のホテルニューオータニと六本木のグランド ハイアット東京。前者は最初のオリンピックに合わせて、当時の建築技術の粋を集めて建てられ、日本を代表するホテルとなった。後者は世界的に名高いハイアットホテルズアンドリゾーツのひとつとして2003年にオープン。国内外のエグゼクティブから支持を集めている。


それぞれ出自も歴史の長さも異なるものの、共通する特長は圧倒的な地の利。といっても単に駅からのアクセスの良さだけではない。ホテルニューオータニは四谷から赤坂見附へと下る傾斜地に位置する。グランド ハイアット 東京がある六本木ヒルズは淀橋台地の東端に位置するため、敷地全体がアップダウンの立体性に富む。それぞれ高低差のある広大な土地の形状であることから、都心でありながら豊かな庭と場所によって異なる景観を楽しめる。周囲のパースペクティブを生かし、かつ溶け込むような構成は海や山のリゾートホテルに通じるものがあるだろう。もちろん、両ホテルとも洗練されたホスピタリティとハイレベルな食事は申し分がない。地上の豪華客船とも言うべき、至れり尽くせりのサービスはひたすら快適だ。


リモート業務が浸透し、これまで以上にオンとオフの境界が曖昧となりつつある。バカンス、ワーケーションと休暇の定義も広がっていくだろう。過ごす場所自体を変えてみることも選択肢。だからこそ、まさに「繰り返し訪れたくなる」リゾートとして、東京都心でのロングステイがコロナ収束後もライフスタイルのひとつとなるかも知れない。


ホテルニューオータニ「新・スーパーTOKYOCATION」/ 最新の電動バイクで周囲を散策できる。選べる朝食と館内レストランから厳選の約40種類の料理が無料。名物の「スーパーショートメロンケーキ」をぜひ堪能したい。駐車場、ランドリーが無料。6泊7日21万円~、12泊13日36万円~、30泊31日75万円~ https://www.newotani.co.jp/
グランド ハイアット 東京「グランド ウィークリー エスケープ at 六本木ヒルズ」/人気のステーキハウス「オーク ドア」での食事一回つき。ルームサービスやレストランの食事、Nagomiスパ アンド フィットネスでのトリートメントそれぞれ10%オフ。ランドリーは25%オフ。7泊8日11万9000円。延泊は7泊単位。 https://www.tokyo.grand.hyatt.co.jp/

文=酒向充英(KATANA)


(ENGINE 2021年5月号)


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP