2021.05.08

CARS

ダイハツ・コペンが安全性能を強化 GRスポーツも同様の改良を実施

ダイハツとトヨタはGRスポーツを含むコペン全モデルの一部改良を実施。安全面に関わる装備の見直しを図った。


魅力はそのまま

法規改正に対応し、サイド・ミラーが拡大された。これによって、従来モデルより広い後方視界を確保している。


また、全グレードにオートライトを標準装備。照度センサーにより、点灯と消灯を自動的に行うようになった。


コペンは2014年の発売当初からラインナップされている「ローブ」と「エクスプレイ」に、2015年には「セロ」、2019年には「GRスポーツ」を追加。この4タイプのボディのうち、GRスポーツ以外には装備内容が異なるS仕様を設定し、7つのグレードを展開している。トヨタはGRスポーツのみを取り扱う。エンジンは0.66リッター直3ターボのみだが、全機種に5速MTとCVTを用意。今回の改良は、これらすべてのモデルに適用される。


価格は188.87~243.72万円。


文=関 耕一郎


(ENGINEWEBオリジナル)


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP