WRITER

関耕一郎

ライター トランスレーター プルーフリーダー

2000年よりしばらく自動車誌編集部に在籍したのち、スポーツやサブカルチャー、グルメや美容など節操なく執筆や編集を経験。自分探しの末に、結局は自動車メディアの世界にフリーランスとして舞い戻る。そのくせ愛車は、中古で買った国産2シーターを20年ほど乗り換えず今に至る。最近の悩みは、長年の校正作業が祟っての眼精疲労と、折り込みチラシやファミレスのメニューを見ていても無意識で誤植探しをしてしまう職業病。 【Instagram】https://www.instagram.com/516seki/

著者をフォローする