2022.06.08

CARS

ちょっと古いベンツ、渋滞がなくなって調子が良くなった!【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート #126】

エンジン編集部の長期リポート44号車/メルセデス・ベンツ300TE(1992)

全ての画像を見る
雑誌『エンジン』に掲載された編集部の長期リポートの44号車、メルセデス・ベンツ300TE(1992年型)の過去13年間分の記事をWEBで再掲載している連載です。毎週水曜日12時更新。今回は走行距離が30万1350kmの2019年9月号のリポートです。

渋滞と無縁になった!

今月の走行距離は510km。相変わらず都内をチョコチョコと走っている。首都高速を通勤で使わなくなってから、渋滞が無縁になった。都内一般道は信号が多いけれど、何キロも連なるということがない。さらに通勤距離が片道50kmから8kmに激減したということもあって、44号車は快調である。渋滞のなか、みるみる上昇する水温計に驚き、窓を全開にしてヒーターをガンガンかけ、エンジン・ルームの熱を室内へ流すという修行僧のようなことはすっかりなくなった。もっとも、そういう苦行があったからこそ、"一緒に走ってきたよなあ、相棒!"という感慨もある。これも人馬一体、なんちゃって。

文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 写真=茂呂幸正

■44号車/メルセデス・ベンツ300TE(1992)
Mercedes-Benz 300TE(1992)
購入価格 168万円
導入時期 2008年9月
走行距離 30万1350km

(ENGINE2019年9月号)

▶次の記事
#127 ちょっと古いベンツは猛暑に弱い!?

▶前の記事
#125 あちこちでいろいろ漏れてました エンジン編集部のちょっと古いベンツ、満身創痍です!

▶︎過去の連載一覧
メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート 記事一覧

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ:

PICK UP



RELATED