2023.01.18

CARS

ちょっと古いベンツに事件発生! あぁ、2速から3速へシフトアップしない!? さあどうする?【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート #158】

エンジン編集部の長期リポート44号車/メルセデス・ベンツ300TE(1992)

全ての画像を見る
雑誌『エンジン』に掲載された編集部の長期リポートの44号車、メルセデス・ベンツ300TE(1992年型)の過去14年間分の記事をWEBで再掲載している連載です。毎週水曜日12時更新。今回は走行距離が32万3300kmの2023年1月号のリポートです。

トランスミッションに不具合か?

先月は長距離ドライブで絶好調ぶりを味わわせてくれた44号車。そんな矢先に事件が起きた。編集部から自宅への帰り道、2速から3速へシフトアップしないという現象が発生したのである。1992年型メルセデス・ベンツ300TEは基本的に2速発進である。信号が青になってガス・ペダルを踏みこむと、ブーンというエンジン音とともにタコメーターの針がひたすらに上昇を続け、2速ホールド状態になった。とうとうトランスミッションに不具合か? 44号車は32万3000kmを迎えた現在まで一度もトランスミッションのオーバーホールを受けたことがないどころか、ATFオイルすら交換していないのだ。翌日、主治医であるアロハモータースへ行くものの、2速ホールド現象はまったく再現できず、様子を見ることとなった。トランスミッションのオーバーホールは約30万円だという。ATFオイルの交換もあえてしなかった。おそらくいまはゴミなどと一緒にギアが噛んでいると思われ、オイルだけを交換してサラサラにすると、かえって滑ると判断したからだ。ちょっと心配である。

文=荒井寿彦(ENGINE編集部)

■44号車/メルセデス・ベンツ300TE(1992)
Mercedes-Benz 300TE(1992)
購入価格:168万円
導入時期:2008年9月
走行距離:32万3300km

(ENGINE2023年1月号)

◆過去の人気記事はこちら!
祝30万km突破記念走行会!!

◆連載一覧を見る!
エンジン編集部のメルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート の連載一覧

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ:

PICK UP



RELATED