2024.03.03

CARS

「これは毎日乗っていたい乗り心地です!」 一度味わうと虜になる2024年の注目車、DS4エスプリ・ド・ヴォヤージュに乗った自動車評論家、西川淳、渡辺慎太郎、菰田潔のホンネがこれだ!

DS4エスプリ・ド・ヴォヤージュ

全ての画像を見る
今年もやりました「エンジン・ガイシャ大試乗会」。2024年、大磯大駐車場に集めた注目の輸入車36台にモータージャーナリスト36人が試乗! 華やかな明るい室内空間と、細部まで吟味された特別な意匠が施された限定車のDS4エスプリ・ド・ヴォヤージュに乗った西川淳さん、渡辺慎太郎さん、菰田潔さんのホンネやいかに?


「眺めて満足、走って楽しい」渡辺慎太郎

自動車の世界では、タッチ式液晶パネルがHMI(ヒューマン・マシン。インターフェース)の主流になりつつある。多くの機能をパネル内に集約して、機械式スイッチがほとんど見当たらないなんてクルマが急速に増殖している。

そんな車内の風景にいつの間にか慣らされてしまった身としては、DS4に乗り込むとその煌びやかな各種スイッチに一瞬ハッとさせられる。

もちろん、センターのディスプレイはタッチ式だが、“クル・ド・パリ”と呼ばれるピラミッド形のテキスチャーやクロームの装飾により、スイッチ類が必要以上に強烈な存在感を放っている。

こうした演出を過剰と思う向きにはまったくお薦めできないけれど、こういうのが好みという方はきっと実際に走らせなくても眺めたりいじったりするだけでも満足できるに違いない。

乗り味は“DS”ブランドを語っているとはいえ、やっぱりシトロエンの血統である。特にこのフワッとした乗り心地はシトロエン/DSでしか味わえない。だからといって、旋回中にばね上の動きが大きく旋回姿勢がなかなか決まらないなんてことはない。ここは望外にしっかりしていて、走っても楽しいクルマだった。




「期待を裏切らない」西川淳

クルマ好きならDSを含むシトロエン系モデルの乗り心地に関して、たとえ未経験者であったとしても、いくばくかの知識と期待を持っているはず。想像できるというか、もっというと“良いに違いない”というイメージを抱いている。

だから誰もが期待して乗り込んでこられる。ハードルが上がってしまっているのだ。隣に乗せるこっちは別にシトロエン関係者じゃないにもかかわらず、心配になってしまう。新しいモデルは期待を裏切ってしまうんじゃないか、もうハイドロの時代ではないんだから……。

全くの杞憂であった。「これは毎日乗っていたい乗り心地です」。助手席のEPC会員が相好を崩す。「でしょ? 実にシトロエン(DS)らしい」。私の顔もなぜかほころぶ。しかも2人して確認したことには、一般道の低速域はもちろん西湘バイパスの高速域、さらには箱根ターンパイクでもその心地よさが続く。「単にふわふわしているもんだとばっかり……」。そう、柔らかいのに引き締まっている。その絶妙さが独特なのだ。ゆえに一度味わって好きになると虜になってしまう。仏車嫌いに付けたいクスリ。




「しなやかな脚」菰田潔

DSブランドは独特の芸術的色を持ったクルマたちだ。感性を高いレベルに引き上げてくれるというパリで生まれているからだろうか。「フレンチ・アート・オブ・トラベル」は感性を磨く豊かな旅をするためのDSブレンドからの提案だ。エクステリアではラジエターグリルには菱形模様がちりばめられ、テールランプにも菱形がデザインされている。

インテリアにはさらに数えきれないくらいの菱形が点在している。シート表皮は革で、ここにも美しい模様がステッチで創られている。これらには高級感が漂うがサヴォアフェール(匠の技)が注ぎ込まれているという。

全長4.4mの手頃なサイズながら、何年経っても飽きない芸術的な味わいから元気をもらえそうだ。だが筆者の場合は、DSからはしなやかな脚から元気をもらった。特徴は腰があるのにしなやかに動く脚が乗り心地とハンドリングに大きく寄与しているからだ。注目したいのはサスペンションの上下方向の動きはしなやかなのに、ハンドルを切った横方向は遊びのないダイレクトな動きで、スポーツカーでもないのに正確にライントレースができる。旅を通じて元気をもらえるクルマだ。

2023年、DSオートモビルのクロスオーバーSUV、DS 4とDS 7に「DSコレクションモデル」が新設定された。第1弾のテーマは、「Esprit de Voyage(エスプリ・ド・ヴォヤージュ=感性豊かな旅の精神)」。華やかな明るい室内空間と、細部まで吟味された特別な意匠が施された限定車となる。E-TENSEは1.6リッター直4Dターボにモーターが組み合わされる。全長×全幅×全高=4415×1830×1495mm。ホイールベース=2680mm。車両重量=1760kg。車両価格=669万6000円~

写真=小林俊樹(メイン)/神村 聖(サブ&リア)

(ENGINE2024年4月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

advertisement

PICK UP



RELATED

advertisement