2019.05.26

CARS

リア・シートも特等席。海外試乗フロント・マスクを刷新した新型BMW7シリーズにも試乗した。

BMWはドライバーズ・カーだ。セグメント、ボディ・タイプを問わず、運転席が特等席。今回試乗したBMW750LixDriveはフラッグシップ・サルーンだが、もちろん例外ではない。パワフルなエンジンもさることながら、トランスミッションの存在をまったく感じさせないシームレスなドライブ・フィールが滑らかで気持ち良い。でも、さらに印象的なのは、フラット・ライドで驚くほど乗り心地が快適なことだ。一方、ワインディング路を走ればキュッと締まったステアリング・フィールでクルマがリニアに反応、ロング・ホイールベースを感じさせないフットワークなど「駆け抜ける歓び」もある。


しかし、今度の7シリーズは後席もシートのホールド感、広さ、乗り心地、静粛性のどれをとっても極上。試乗モデルのインテリアにはコニャックという明るいベージュのナッパレザーが使われ、さらにラグジュアリー度を増していた。ドライバー・シートと同じくらい特等席なのだ。何とも快適な移動空間を味わっていたら、運転手付きで欲しいなんて、身分不相応なことを思ってしまったほどだ。運転支援システムを使えば、高速道路でのハイスピードでもピタッとレーンの真ん中をトレースし、インフォテインメントの「コネクテッド」は音声やジェスチャーで様々な機能を使えるなど、非常に賢いクルマでもある。


文=佐藤久実  写真=ビー・エム・ダブリュー

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録