2019.10.23

LIFESTYLE

ガルダ湖から崖の上の街へ、岩のトンネルを走る!/イタリア絶景ドライブ02

ミラノからクルマで約2時間のガルダ湖はイタリア最大の湖。アルプスの登山口としても人気のリゾート地で、夏は観光客で賑わう。取材した9月中旬でも、街の中は渋滞するほど混み合っていた。大雨のなか、ガルダ湖の北西にあるドライブコース、ストラーダ・デッラ・フォルラへ。

Strada della Forra
ストラーダ・デッラ・フォルラ

[ドライブコース]Strada della Forra→SP38 Fossato(フォッサート)広場ロータリー/5km・約15分


上/ガルダ湖北西から東を見る。雨の日はひっそりしているが、晴れるとヨットやウインドサーフィンなどで賑わう。下/交互通行となる約1km区間の下り側の信号。

ガルダ湖沿いから切り立った崖へ上っていく。道幅が狭く、対向車が来ると、すれ違うためにかなりの距離をバックしなければならない。しばらく上ると、岩を掘り出したままのトンネルがいくつも出てくる。とくに信号で交互通行となる約1kmの区間は、岩と岩の隙間を走るかのよう。雨も降っているので、テーマパークの「スプラッシュ・マウンテン」並みのスリリングなドライブコースに! 前方からクルマは来ない区間だが、自転車やハイキングをする人たちも多いので注意が必要だ。


晴れた日に、再度ストラーダ・デッラ・フォルラを走った。暗い岩のトンネルを抜けると、青空とキラキラしたガルダ湖が視界に広がる。下りはとくに気持よくドライブできる。


ドライブコースの途中にあったピッツェリア「La Forra」(ラ フォッラ)に入る。まだ正午になっていない時間で、開店前だったが快く席を用意してくれた。他に客はいなかったが、30分もするとよそ50席はほぼ満席に。週末とはいえ、大雨のなか“スリリングなドライブコース”をクルマでやって来る人のなんと多いことか! この店はピッツェリアなのだが、この日の昼はピザは出さないとのことで、ピザ以外のメニューをたのむ。牛のステーキ、カルボナーラ、ミックスサラダなどを注文する。一皿のポーションは多いが、シンプルで薄い味付けで、美味しく食べきることができた。


カルボナーラと薄切り牛肉のステーキ。イタリアは濃いめの味付けの店が多いが、この店はシンプルで薄い味付けだった。次の機会があればピザをいただきたい。

フォッサート広場近くの駐車場にクルマを停めて、小さな街の坂道を歩く。教会の鐘の音が聞こえる方向へ迷路のような路地を進む。すると、視界が開けて断崖絶壁の下にガルダ湖が広がっていた。この5kmのドライブコースのゴールは、ガルダ湖畔のスタート地点のほぼ真上にあったのだ。


ガルダ湖までほぼ垂直に切り立っている。このドライブコースのスタート地点は、真下にあるということだ。

 文=山元琢治(ENGINE本誌)   写真=増田岳二


◇ピッツェリア「La Forra」(イタリア語・英語)
   https://www.laforra.com

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP