2019.12.30

CARS

2019年吉田由美が最も印象に残ったクルマ ロールス・ロイス・カリナン


パープルのボディに衝撃!


世界的にSUVブームで、どのブランドを見てもラインナップにSUVを揃え、個性的で魅力的なモデルが続々登場しています。


中でもロールス・ロイス初のSUV「カリナン」が凄い! というか、そもそも超高級車ロールス・ロイスがSUVをラインナップしたことに驚きました。「ロールス・ロイス」といえば、世界最高峰のラグジュアリーカー・ブランド。「○○のロールス・ロイス」などというように、最高級のものを表現するときの例えに使われるほどです。


私が「カリナン」を日本で初めて目にしたのは2018年のイベントです。2019年にはドイツ・ミュンヘンにある「BMWワールド」、そして日本でも9月、六本木ヒルズで開催されたロールス・ロイスのイベント「The Eighth Wonder」( 世界8番目 の不思議)で目撃。「8つの不思議」とは、ロールス・ロイスの8つの要素についてのことですが、そのイベントの中で一段と目を惹く紫色、鮮やかなトワイライト・パープルの「カリナン」。下品になりかねない難しい色ですが、ロールス・ロイスが纏えば素敵色。それが全長5340㎜×全幅2000㎜×全高が1835㎜と巨大なボディに纏うのですからインパクトがあります。インテリアは白でボディ・カラーと同色のアクセント。そして極めつけは、ラゲッジ・ゲートにシートとカクテル・テーブルが自動でセッティングされる「ビューイング・スイート」。試乗していないのが残念ですが、さすがリアル「SUVのロールス・ロイス」!


写真=村上 聖


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED