2022.08.31

CARS

ちょっと古いベンツ、エアコンの修理費用は19万7197円だった!【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート ♯138】

エンジン編集部の長期リポート44号車/メルセデス・ベンツ300TE(1992)

全ての画像を見る

雑誌『エンジン』に掲載された編集部の長期リポートの44号車、メルセデス・ベンツ300TE(1992年型)の過去13年間分の記事をWEBで再掲載している連載です。毎週水曜日12時更新。今回は走行距離が30万9350kmの2020年12月号のリポートです。

コンプレッサーを交換しました!

残暑が続くなか、ガスを補填してもすぐに冷えなくなってしまう状態だった44号車。コンプレッサーから異音がするので、リビルド品と交換した。お世話になったのは東京・白金にあるアロハモータース。メーター内の照明バルブ交換やリレー接触不良のハンダ修復など、気が付いたところは工賃サービスで行ってくれた。ありがたい。それ以来、エアコンはよく効くし、電動ファンもきちんと回って水温も安定するようになった。コンプレッサーを交換してもエアコンが効かない場合は、エバポレーターからのガス漏れが疑われた。エバポレーター交換はダッシュボードを外すという大作業を伴うので、そうならずに済んでホッとしている。コンプレッサー、エキスパンジョン・バルブなどを交換して費用は19万7197円だった。

文=荒井寿彦(ENGINE編集部)


■44号車/メルセデス・ベンツ300TE(1992)
MERCEDES-BENZ300TE
購入価格:168万円
導入時期:2008年9月
走行距離:30万9350km

(ENGINE2020年12月号)

◆44号車の過去の故障の記事
ヒーター・スイッチが原因だった【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート #68】

◆過去の連載一覧
【連載】エンジン編集部のちょっと古いメルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ:

PICK UP



RELATED