2020.12.01

WATCHES

ブルガリ/あのアルミニウムが復活してブーム再燃の予感が

2020年下半期、新作時計速報! 恒例の時計フェアは中止になっても、ジュネーブや上海、そして東京での個別発表に加えて、オンラインでも新作時計が続々リリースされている。時計はいつも活力をくれる一種のビタミン。元気カラーでお洒落、ハイスペックと3拍子揃ったこんな最新モデルに注目だ。



歴史的な名作の復刻は数あれど、「ジュネーブ・ウォッチ・デイズ」でベールを脱いだ新生「ブルガリ アルミニウム」は、サプライズだったに違いない。アルミニウムとラバーを組み合わせた斬新でファッショナブルなこの時計は1998年の発表と同時に爆発的なブームを呼び、2000年代を通じてアイコンウォッチになった。新作は基本的な素材構成を継承しながらも、機械式ムーブメントの搭載や細部のリデザインなど格段に進化を遂げている。モデルは自動巻き3針とクロノグラフ。お洒落でラグジュアリー感も申し分なく、価格も魅力的。ブルガリを楽しむには最適だ。


BVLGARI/ブルガリ アルミニウム(上2点)
オリジナルデザインを継承した新しい40㎜ケースは耐久性が増したアルミニウム合金で、BVLGARIと刻んだベゼルにはDLC仕上げを施し、チタンのケースバックを採用。堅牢なラバーブレスレットもオリジナルを改良した進化版。自動巻き。100m防水。各税別31万5000円。
BVLGARI/ブルガリ アルミニウム クロノグラフ(下)3針モデルと同様の素材構成による40㎜ケースに自動巻きクロノグラフムーブメントを搭載。ウォームグレーをベースにしてブラックのインダイアルを配したモノトーンの色使いがスタイリッシュ。洒落者には見逃せないクロノグラフだ。100m防水。税別45万5000円。


BVLGARI(ブルガリ)/オクト フィニッシモ トゥールビヨン クロノグラフ スケルトン オートマティック 今年もまた「オクト」でブルガリは6度目の世界最薄記録を樹立した。クロノグラフとト ゥールビヨンを組み合わせ、ペリフェラルロ ーターで駆動する自動巻きスケルトンムーブメントは、厚さ3.5㎜と世界最薄。そして直径42㎜のチタン製ケースもわずか7.4㎜という薄型。まさに驚異の技術だ。30m防水。世界限定50本。税別1584万円。


時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

忘れもしない1998年、バーゼル空港の格納庫で開催された「ブルガリ アルミニウム」の盛大なガラ。最後はこの時計をボディに描いたジャンボジェットが目の前に現れた。20年以上を経て今まさにスターがシーンに復帰。やはりアイコンウォッチには絶大な魅力が宿る。かつて愛用した人には懐かしく、初見の人も欲しくなるだろう。


ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

20年ほど前に誕生した「ブルガリ アルミニウム」は、その斬新なデザインと素材の組み合わせに驚かされた。新作はそのデザインコードをしっかりと継承していながら、さらにモダンかつスポーティな印象に。女性が着けても似合いそうなので、パートナーとのシ ェアウォッチとしても楽しめるはずだ。


文=菅原 茂(時計ジャーナリスト)/前田清輝(ENGINE編集部シニア・エディター)
(ENGINE2020年12月号)


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録