2021.03.18

LIFESTYLE

23年ぶりのモンドリアン展が開催 イヴ・サンローランも大ファンだった!

《赤、青、黒、黄色、灰色のコンポジション》1910年代後半、憧れていたピカソが具象画に戻ったことに失望したり、パトロンからの援助が打ち切られたりと、不運が続き絵画を断念しかけていたモンドリアンが、1921年になって突如たどり着いた新境地にして代表作となる一点。ピート・モンドリアン 1921年 油彩、カンヴァス 39.5×35cm デン・ハーグ美術館 Kunstmuseum Den Haag

全ての画像を見る

2022年に生誕150周年を迎えるピート・モンドリアンの展覧会が3月より開催される。あの有名な「コンポジション」シリーズはいかにして生まれたのか? モンドリアンの意外な軌跡を探る。


ファッション・ブランドと日本のまんがやアニメのコラボレーションが花盛りだ。この冬、グッチは『ドラえもん』、ロエベは『となりのトトロ』とタッグを組み、服やバッグ、ショウウインドウにおなじみのキャラクターが登場している。一瞬びっくりするけれども、ブランドが構築してきた世界を決して壊さず、むしろそれぞれのデザインを引き立たせているのがおもしろい。このような形でファッションが他分野のクリエイティブを取り込んだ元祖とはなんだろう? と思い返してみると、1965年にイヴ・サンローランが発表した「モンドリアン・ルック」に行きついた。


画家モンドリアンといえば誰もが真っ先に思いつくのは赤、青、黄の三原色と黒い線で構成された抽象画。サンローランはこの作品をモチーフにした直線的なAラインのドレスを考案し、世界的な大ブームを引き起こした。サンローランのすごいところは、このドレスを見た人に「元ネタも見てみたい」と思わせたこと。実際、サンローランはモンドリアンの作品を所有していたそうなので、心の底から好きだったのだろう。とても幸せなコラボレーションだ。


モンドリアンの代名詞ともなっている《コンポジション》シリーズ、じつは彼がこの絵を描くようになったのは40代後半になってからのことだ。アムステルダムで絵を学んでいたモンドリアンは、くすんだ色合いの風景画を描いてみたり、ゴッホに感動して強烈な筆致の絵をしたためたり、スーラの点描技法をなぞってみたり、ときには神智学にはまりこみ象徴主義的な絵画にチャレンジしてみたりと、新しい画風を取り入れつつ、自分のスタイルを模索し続けていた。だから、パリ以前のモンドリアンの作品は非常にバラエティ豊か。本当に同一人物が描いたものなのか疑問に思ってしまうほどだ。


そして、ピカソやブラックによるキュビスムの作品を見て衝撃を受けたモンドリアンは一念発起、40歳でパリへ活動の拠点を移すことになった。やがて、彼の作品はどんどんシンプルなものになっていき、10年近い年月を経て、とうとう色と線だけの抽象画《コンポジション》シリーズに至ったのだ。とはいえ、モンドリアンは晩年はまた作風を変化させていくのだったが。


3月下旬から開催されるモンドリアン展は、そんな彼の道のりを辿っていく展覧会。彼の葛藤を知ってから《コンポジション》シリーズを見てみると、線と色だけの絵にもかかわらず、なぜかちょっとうれしくなってしまうのだった。


《ダイフェンドレヒトの農家》ダイフェンドレヒトはアムステルダムにほど近い農村地帯。当時のモンドリアンはキュビスム絵画に影響を受け、抽象画に取り組みつつも、昔ながらの風景画も描くなど、試行錯誤を繰り返していた。ピート・モンドリアン1905年頃 油彩、カンヴァス 46×59cm デン・ハーグ美術館 Kunstmuseum Den Haag
《砂丘 III》スーラの影響を受け、点描技法で描かれた砂丘の風景。この時期、モンドリアンは砂丘や海景を、点描技法以外の異なるタッチでも積極的に描いている。ピート・モンドリアン1909年 油彩、厚紙 29.5×39cm デン・ハーグ美術館 Kunstmuseum Den Haag
《色面の楕円コンポジション2》この時期、モンドリアンは街路樹や教会のファサードなどを抽象化させ、線と色面だけで構成した作品など身近な主題を抽象化し、独自の世界を作り上げることに尽力していた。ピート・モンドリアン1914年 油彩、カンヴァス 113×84.5cm デン・ハーグ美術館 Kunstmuseum Den Haag

『生誕150年記念 モンドリアン展 純粋な絵画をもとめて』は3月23日~6月6日までSOMPO美術館(東京都新宿区西新宿1-26-1)で開催(日時指定入場制)。7月10日~9月20日まで豊田市美術館(愛知県豊田市小坂本町8-5-1)に巡回予定。詳細はハローダイヤル050-5541-8600 またはホームページ https://www.sompo-museum.org/ まで


文=浦島茂世(美術ライター)


(ENGINE2021年4月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



PICK UP