2021.04.23

WATCHES

今しか買えない “限定” モデルを狙え!/Collaboration編

HUBLOT(ウブロ)/アエロ・フュージョン クロノグラフ オーリンスキー ホワイトセラミック 2017年からスタートし、年々人気が高まっているオーリンスキーとのコラボモデル。今年は「アエロ・フュージョン クロノグラフ」で、素材が異なる3種類の限定モデルが登場。とりわけマイクロブラスト加工のホワイトセラミックでオーリンスキーらしいファセットの陰影が引き立ち、ブラックダイアルとのコントラストも絶妙なこのモデルが狙い目。自動巻き。ケース直径45㎜、5気圧防水。世界限定200本。税込 予価220万円...

全ての画像を見る

「限定」には魔力がある。数量限定や限定仕様の特別モデルを手に入れられる幸運者は全世界でもまさに限られている。チャンスはそう多くない。欲しいと思った時がまさに買い時。レギュラー品とは違う限定モデルを楽しむなら、今だ!



硬質なセラミックケースと柔軟なラバーストラップは、まるで同素材のように一体化し、ピュアなホワイトの色彩も淀みなく連続する。


コラボレーションによってさらに際立つ革新性

21世紀になって盛んになった他分野とのコラボレーションやパートナーシップ。時計製造の中だけで自己完結しない他分野との開かれた関係は、デザインを大きく進化させた。例えばアート・オブ・フュージョン(異なる素材やアイデアの融合)をコンセプトとするウブロは、アーティストやファッション、クルマなどとのコラボによって革新的なデザインを生み出した。時計が最高速レースカーの化身となったロジェ・デュブイもそうだ。パネライはなんとアメリカズカップのヨットの船体からダイアルを製作。こうした革新的な冒険が可能なのもコラボを組むパートナーがあってこそ。


ROGER DUBUIS(ロジェ・デュブイ)/エクスカリバー ウラカンSTO
スーパーカーの世界感を時計に表現する斬新な時計で知られるロジェ・デュブイ。世界88本限定のこのモデルは、ランボルギーニ・スクアドラ・コルセのワンメイクレースシリーズに参戦するランボルギーニのウラカンSTOの特徴的なブルーとオレンジのカラーリングを時計のデザインに反映。V10エンジンから想を得て12度傾斜したテンプも独特だ。自動巻き。カーボン×チタン、ケース直径45㎜、5気圧防水。税込 682万円。


360度回転する自動巻きローターにも、ウラカンのホイールを模したデザインを施すことで、最速レースカーのスピード感をシンボライズ。


 


TAG HEUER(タグ・ホイヤー)タグ・ホイヤー アクアレーサー バンフォード リミテッドエディション
以前「モナコ」でも試みたように、絶妙なパーソナライゼーションで有名なバンフォード ウォッチ デパートメントとのコラボ第2弾はダイバーズウォッチの「アクアレーサー」。1979年から1994年にかけて発表された過去のモデルから想を得て、逆回転防止ベゼルの三角マーカーやダイアルのフランジ、針などにインパクトのあるオレンジをアレンジしている。自動巻き。チタン、ケース直径43㎜、300m防水。世界1500本限定。税込 46万2000円。


ブラックダイアルに300m/1000ftと合わせてBAMFORD AQ UARACERの文字をプリント。コラボならではの希少な限定モデルにプレミア感をプラス。360度回転する自動巻きローターにも、ウラカンのホイールを模したデザインを施すことで、最速レースカーのスピード感をシンボライズ。

 


PANERAI(パネライ)/ルミノール ルナロッサ GMT-42MM
第36回アメリカズカップの予選シリーズ「プラダカップ」の公式計時を務めるパネライ。チーム ルナロッサとコラボした世界限定250本の新作は42㎜ケースで登場。ヨットの船体などから収集された炭素繊維の新素材スカフォテックのダイアルと赤い針が特色だ。自動巻き、3日間パワーリザーブ。チタン、100m防水。税込 130万9000円。


ダイアル素材は、チーム ルナロッサのAC75ヨットの船体や水中翼から得られたハイテク素材。素材でも時計とヨットが見事にコラボ。


 


LOUIS ERARD(ルイ・エラール)エクセレンス トリプティック レギュレーター リミテッドエディション
独立時計師の鬼才ヴィアネイ・ハルターとのコラボは、レギュレータースタイルのダイアルに、独特の形の青い針など、彼の代表作「クラシック」を思わせるデザインを採り入れる。リュウズにも彼の意匠を反映するなど、愛好家を喜ばす逸品だ。自動巻き。ステンレススティール、ケース直径42㎜、5気圧防水。世界限定178本。税込 49万5000円。


ケースバックからは自動巻きムーブメントが見える。レギュレーターダイアルと同様に、機械式時計らしい眺めが楽しめる。


 


CAMPANOLA(カンパノラ)カンパノラ コスモサイン ディズニー アニメーション「ファンタジア」限定モデル
北緯35度で眺めることができる全天を超精細に描写したシチズンが展開する「カンパノラ コスモサイン」がディズニーのアニメ「ファンタジア」とコラボ。その世界を表現した限定モデルは、大きな星座のように描かれたミッキーマウスのシルエットがこれまた目を楽しませる。クオーツ。ステンレスケース、ケース直径39㎜、日常生活用防水。税込 28万6000円。ⒸDisney


ケースバックは「ファンタジア」80周年を記念する公式ロゴマークのメダリオンを配した特別仕様。ディズニーファンは見逃せないだろう。ⒸDisney


時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!

フランスの現代美術アーティスト、リチャード・オーリンスキーとのコラボも手慣れてきたウブロ。今回も時計を超えたアートピースのようなたたずまいが印象的で、定番化を願いたいところだ。コラボ抜きでは語れないパネライの限定モデルもいい。コラボによって、海、ヨット、ハイテクのすべてがパネライの時計でひとつに結びついた見事な成功例。


ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!

コラボレーション関連の限定モデルは、タッグを組むパートナーやテーマのモチーフを取り込み、本来のモデルと全く異なる表情を引き出すのが大きな魅力だ。タグ・ホイヤーとバンフォードとのコラボはその好例で、時計を知り尽くしたパートナーによる別注的な仕様変更が絶妙。今後、このジャンルはますます盛り上がりそうだ。


文=菅原 茂/前田清輝(ENGINE編集部)


(ENGINE 2021年4月号)
   ※一部のモデルは完売している場合があります。ご了承ください。


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録