2021.09.04

WATCHES

2021年注目の新作腕時計「ロジェ・デュブイ」編

オンラインによるリモート開催となった世界最大の時計フェア「ウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブ2021」を振り返る第4弾。ロジェ・デュブイからは斬新なアプローチと進化を果たしたモデルを取り上げ、時計ジャーナリストの菅原 茂氏とエンジン時計担当の前田清輝がその魅力を解説する。

スケルトントゥールビヨンのデザインを一新してアップデート

精巧なフライングトゥールビヨンと大胆なスケルトンはロジェ・デュブイの最も得意とするところ。今年のハイライトはその代表モデル「エクスカリバー シングルフライングトゥールビヨン 」のアップデートだ。星を象ったユニークなブリッジと大きなフライングトゥールビヨンによって、独創的なフェイスを形づくるスケルトンムーブメントは、トゥールビヨンにチタンとコバルト合金を使用して軽量化され、加えて耐衝撃性や耐磁性などの点でも進化を遂げた。さらに、注目したいのは「エクスカリバー シングルフライングトゥールビヨン」をベースにした昼と夜でまったく異なる輝きを放つ世界初のモデル「エクスカリバー グロウミーアップ」だ。ダイアモンドをベゼルにまとうのだが、スーパールミノヴァと組み合わせることでまったく新しい光をもたらした。いつものような遊び心と驚きで楽しませる妙技も忘れない。




エクスカリバー グロウミーアップ「ブティック8本限定」
アップデートした「エクスカリバー シングルフライングトゥールビヨン」に、意表を突く遊び心を加えたのが「グロウミーアップ」だ。昼間は60個のバゲットカットダイアモンドが輝き、夜は宝石の下やムーブメントの随所に施された蛍光塗料のスーパールミノヴァで虹色のネオンのように輝くという仕組み。手巻き、72時間パワーリザーブ。イーオンゴールド+ダイヤモンド、ケース直径42mm、100m防水。ブティック8本限定。2596万円。10月発売予定。


 
 

 


エクスカリバー シングルフライングトゥールビヨン「各88本限定」
デザイン、サイズ、スペックともにアップデート。ケース素材は上からイオンゴールド1782万円、チタン1650万円、コバルト1650万円の3種類で、各88本限定。

時計ジャーナリスト・菅原 茂はこう見た!
今年はこのところ続いていたモータースポーツとのコラボはなく、ベーシックな代表作のリニューアルに注力したロジェ・デュブイ。軽量化や耐久性の向上は、過酷な環境で使えるトゥールビヨンを目指した結果かもしれないが、最新作から思い浮かぶのは、スポーツシーンよりもモダンアートの世界。その方向にも動き始めているらしい。

ENGINE編集部・前田清輝はこう見た!
さまざまな色の貴石をベゼルにセットした仕様は最近のラグジュアリーウォッチのトレンドだが、ダイヤモンドをスーパールミノバで輝かせる発想は、いかにもアバンギャルドなロジェ・デュブイらしい発想で面白い! また、新たにアーティストとのコラボレーションも企画しているというだけに、新たなサプライズが今から楽しみだ。

文=菅原茂/前田清輝(ENGINE編集部)

(ENGINE2021年7月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP

RELATED