2021.09.26

CARS

BMWの上を行くBMW アルピナXD3がフェイスリフト

BMWアルピナXD3がフェイスリフトを実施。ベースのBMW・X3の改良に伴い、パワートレインや操舵系などに大幅な改良が加えられている。

外観の変更は少なめ

外観はフェイスリフトしたベース・モデルのX3同様、変更規模は最小限。フロントまわりではベース・モデルと同じ新しいデザインのヘッドライトやフロント・グリルを採用。また、リアはテールライトのグラフィックが変更されるとともに、新形状のディフューザーが装着された。





ディーゼル+マイルド・ハイブリッド

エンジンは従来モデルと同じ可変ジオメトリーのツインターボで過給する3.0リッター直6ディーゼル。最高出力355ps/4000-4200rpm、最大トルク730Nm/1750-2750rpmは、従来モデル比22ps/30Nmのアップ。0-100km/h加速は4.9秒、最高巡航速度は254km/hをマークする。また、高出力に応じた独自の冷却システムを装備している。

さらに、48Vマイルド・ハイブリッド・システムを採用。最大11psのベルト駆動式のスターター・ジェネレーターを用いることで、低回転域でのパワートレインのレスポンスを高めるとともに、定速走行時にエンジン負荷を最適化して効率向上を図っている。WLTP燃費は13.0km/リッターだ。

トランスミッションは高トルク対応設計のZF製8段ATを搭載。4WDシステムの基本構造はベースのX3と変わらないが、後輪を重視したトルク配分となるアルピナ独自の制御となる。また、電子制御LSDに加え、ブレーキによる4輪独立制御も行う。





オプションで22インチも選べる

可変ステアリングのチューニングは見直され、専用チューンの可変ダンパーと相まって、ステアリングの繊細さや正確さ、直感的な応答性をさらに追及。ローダウン・スプリングにより低重心化と空力の最適化も実現した。ピレリと共同開発した前後異サイズのタイヤは標準が20インチ、オプションで22インチも選択可能だ。ブレーキはさらに性能を高めたパッドを装着している。

現在は予約受け付け中で、日本導入は来春となる予定。右ハンドルのみの設定で、価格は1162万円。





文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED