2021.11.30

CARS

6.2リッター対660cc キャデラック・エスカレードとスズキ・ジムニー 一番大きいのと一番小さいのを乗り比べ!

小さいけれど日本を代表する本格オフローダー、スズキ・ジムニー。一方、アメリカを代表する贅沢なフルサイズSUV、キャデラック・エスカレード。スペースをどう使うか? ここに両者の個性がありました。自動車ジャーナリストの佐藤久実さんがリポート。

一番大きいのと一番小さいのを持って来い!

通常、雑誌の複数台企画は、同ブランドの横展開もしくは同セグメントのライバル比較など、関連性のあるものが多い。でも今回は、「一番大きい」と「一番小さい」の両極をピックアップしたユニークな企画だ。大きい代表はキャデラック・エスカレード、小さい代表はスズキ・ジムニーだ。それぞれの個性や魅力はいかに、探ってみた。



まずは大きい代表のキャデラック・エスカレード。とにかくデカイ!!フロント・マスクの厚みもすごくて、その佇まいはまるでそびえ立つかのような存在感がある。そして、ブラックで角ばったマスクはダース・ベイダーを思い起こさせる。

ボディサイズは、全長5400mm×全幅2065mm×全高1930mm。ホイールベースは3mを超え、車両重量は2740kg。高級マンションの駐車場でもなかなか停められるところはないだろう。駐車場事情、道路事情を鑑みると、日本でこのクルマを所有できるだけでも贅沢だと思う。

さて、このサイズゆえに得られるものは、といえばスペース。ウッド素材とセミアニリン・レザーを使ったインテリアは高級感あふれるもので、室内空間が広いからどの席に座ってもゆったりできる。中でも特等席は2列目だろう。キャプテン・シートでくつろげるし、フロント・シート背後に12.6インチのディスプレイが装備されエンターテインメントシステムも楽しめる。



そして、インパネも広い。ドライバー正面のデジタルメーター・クラスターと左右のディスプレイを合わせて38インチという巨大なLEDディスプレイがレイアウトされ見やすい。欧州車にも「インテリジェント〇〇〇〇」というようなインフォテイメント・システムが装備されるが、むしろこちらのインテリジェンスが問われているような使い勝手の悪いモノもある。ITリテラシーが低いと使えないよ、と小馬鹿にされたような気分になるのだ。それだけに「ドーンと全てお見せしますよー。好きな機能、選んでください!」と言わんばかりの、アメリカの広い大地を思わせるような38インチ・ディスプレイには心の広さすら感じる。もちろん、機能が多いからすべてとはいかないが、直感的に使いやすい。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED