2021.11.29

CARS

PR

都会派SUVユーザーが求めるものが詰まっている ブリヂストン「ALENZA LX100」に試乗した

セダンのお株を奪い、自動車市場の主役へと躍り出たSUV。セダンの代わりにSUVを所有する都会派のユーザーが増えている。それにともない、SUVに求める性能も変化。オフロードの走破性ではなく、オンロードで快適かつ不安なく安心して走れることへとシフトしているのだ。

そんな市場の要望に応えるべくブリヂストンが新たに開発したのがALENZA。オンロード系SUV向けに専用設計されたオンロード・ユーザー向けのSUVタイヤだ。すでにALENZAシリーズの第1弾として「001」が発売されているが、今回新たに、静粛性や乗り心地といったコンフォート性能に特化した「LX100」がラインナップに加わった。そんな出来立てホヤホヤの都会派SUV専用設計タイヤを都会派SUVのプジョー3008に履かせて、モータージャーナリスト島下泰久氏が試乗した。

ALENZAシリーズの第2弾

ますます市場で存在感を増すSUVをターゲットに、とりわけオンロード性能を重視して開発されたというブリヂストンALENZA。第1弾として登場した001は、いわゆるハイパフォーマンス・モデルという位置づけだったのに対して、ラインナップに加わった新製品のLX100はコンフォート性能に特に注力したと謳う。



REGNOを彷彿させる

LX100のトレッドパターンを見て即座に頭に浮かんだのはブリヂストンREGNO。静粛性に秀でた走りでブリヂストンのプレミアム・タイヤとして名高いモデルだ。もちろんまったく同じではないが、「なるほど、そういう感じね」と感じさせる共通のテイストを持ったそのフェイスが、このタイヤのコンセプトを如実に表していると感じたのである。

実際にこのLX100には、REGNOで培われたテクノロジーが多数投入されている。摩耗が進んでも高周波ノイズの抑制効果を持続させるシークレットグルーブや、2本の縦溝にまたがる消音器で気柱管共鳴音を抑える3Dノイズ抑制グルーブ、トレッドの振動がサイド部に伝わりにくくなる3Dノイズカットデザインなどは、REGNOの最新モデルであるGR-XIIでもすでに採用されている、お馴染みのテクノロジーと言っていい。



SUV専用設計だからできること

一方で、SUVのために専用設計しているのは、まずその構造である。ほとんどのSUV、あるいはクロスオーバーなどと呼ばれるクルマは、セダンなどと較べると車重が重く、また車高も高い。条件としては不利になるわけだが、LX100は「ケース部材を2枚にしたうえでビードフィラー部のプライ折り返し部分を高めに設定。ケースの剛性アップを図る」ことで、それに対処している。

とりわけ今どきのSUVは、セダンやワゴンに負けないスポーティなハンドリング性能を持つものも多く、ユーザーもまたそこに期待している。足元をしっかり支えて、気持ちの良いフットワークを実現することも、SUV向けと謳うからには今やマストなのである。

今回はこの新しいLX100を、プジョー3008に装着して試乗した。3008といえばスタイリッシュな存在感が魅力のSUVだけに、ゴツいオフロード用タイヤは似合いそうにない。LX100の落ち着いたフェイス面は、この洗練された雰囲気によくマッチしている。その第一印象は上々だ。



ブリヂストンALENZA LX100の詳しい情報はこちら




とてもしっかりとした走り味

では走りはどうか。まず一般道でクルマを発進させてすぐに感じたのは、とてもしっかりとしたタイヤだなということである。アクセル・ペダルを踏み込んだときにタイムラグが無く、スッとタイヤが転がり出してクルマが軽やかに前に進む感じや、ステアリングを切り込んだときの素直の反応は、背が高いとか車重が重いといったSUV特有のネガティブな面を意識させない、ごく自然な、軽快な印象として伝わってくる。



タイヤの存在を感じさせない高い静粛性

それに気を良くして、そのまま首都高速に乗り、湾岸線でペースを上げていく。なるほど静粛性もとても高い。しかも不自然に静かというわけではなく、あらゆる音のレベルが低く、耳障りなところも無いのが良い。さらに、路面によって音質が大きく変わったり、路面の継ぎ目を通過する際などに急に音が高まったりといったことがなく、常に安定して騒音が抑えられている。いい意味でタイヤの存在を意識することなく走り続けることができる。

この辺りはREGNOとの血縁を感じさせるパターンを見たときから、ある程度は期待していたところだが、実際に体感してみると想像以上の快適性を実現していた。これは距離を乗るほどに、疲れにくさに繋がるに違いない。



SUV専用設計の旨味を活かす

疲れにくいのは、走りが楽しいからでもある。都心環状線のコーナーの連続する区間では、穏やかながらも正確な応答性で、ストレス無く走らせることができた。ケース剛性の向上でグラッというショルダーがたわむことで発生するクルマの傾きを抑え、しなやかに路面を掴んでくれるおかげだ。この辺りは、まさにSUV専用設計の旨味といえるだろう。



運転者も同乗者もドライブが楽しくなる

オンロード性能を特に重視したSUV向けタイヤとして、快適性を磨き上げてきたALENZA LX100。ここでいう快適とは、乗り心地が良く静かというだけでなく、運転していて、あるいは同乗していて、ドライブが楽しいフットワーク性能を有するという意味でもある。今どきのSUVユーザーの多くが求めているのは、こういうタイヤだろう。

気に入った自分のSUVに長く乗り続けるならば、次に履かせるタイヤとしてALENZA LX100、候補に入れておいた方が良さそうだ。

文=島下泰久 写真=郡 大二郎

(ENGINE WEBオリジナル)

ブリヂストンALENZA LX100の詳しい情報はこちら









無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED

PICK UP