2021.12.22

LIFESTYLE

焙煎から抽出まで自分仕様 “体験型ビーンズサロン”で学ぶ「珈琲道」

京都の老舗、小川珈琲のフラッグシップショップ「OGAWA COFFEE LABORATORY下北沢」。バリスタ気分でとっておきのメソッドを体得!

経験豊富なバリスタがサポート

「実験室」という名称が意味するように、自分でコーヒーを淹れる“体験型ビーンズサロン”が店のコンセプト。訪れた人は好みに合わせた豆を見つけ、次に挽くグラインダー、淹れるドリッパー、注ぐケトルなどを約40種類のプロも愛用する器具から選び、自らお湯を注いで抽出する。経験豊富なバリスタがサポートしてくれるので、初めてでも安心。また、購入した豆を店でリザーブしてもらい、別の日にまた淹れることができる。単に体験するだけでなく、楽しみながらコーヒーをつくるノウハウを得られるのがラボたる所以。あえて装飾を控え、シンプルな空間設計も程よい緊張感をもたらしてくれる。

日本人は華道、茶道、香道と、趣味にまで求道的な向上心を発揮する。喫茶店からコンビニまでおいしい味に事欠かない私たちにとって、ここでの気づきは「珈琲道」という新しいフェイズの第一歩になりそうだ。





文=酒向充英

(ENGINE2022年1月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED