2022.03.09

CARS

不気味なほど絶好調! エンジン編集部のちょっと古いベンツ【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート #113】

雑誌『エンジン』に掲載された編集部の長期リポートの44号車、メルセデス・ベンツ300TE(1992年型)の過去13年間分の記事をWEBで再掲載している連載です。毎週水曜日12時更新。今回は走行距離が28万6900kmの2018年8月号のショート・リポートです。

トラブルは勝手に解消!?

今月の走行距離は2000km。梅雨に入っても44号車は元気です。ここのところすこぶる調子がいい。先月お伝えした「勝手にアイドリング・ストップ」現象はすっかり起きなくなった。あれはいったいなんだったのだろう? 先日、ヤナセでエンジン・オイルの交換を行ったとき、メカニックの人に「クーラーのガスもあんまり減ってませんね。これなら、エアコン効くんじゃないですか?」と言われたが、本当に寒いぐらいに効く。燃費は相変わらず好調だし、トロけそうな極上の乗り心地に衰えもない。あまりにも絶好調なので、遠出の計画を立てた。長距離ドライブの予定は9月。トランクに荷物を満載にしての旅になるはずだ。頑張れ44号車、僕らの夏休みが待っている!

文=荒井寿彦(ENGINE編集部)

■44号車/メルセデス・ベンツ300TE(1992)
Mercedes-Benz 300TE(1992)
導入価格 168万円
導入時期 2008年9月
走行距離 28万6900km

(ENGINE2018年8月号)

▶次の記事
#114 季節の変わり目が苦手かも? エンジン編集部のちょっと古いベンツ

▶前の記事
#112 エンジン編集部のちょっと古いベンツが勝手にアイドリング・ストップ!? いったい何が起こっているのか?

▶︎過去の連載一覧
メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート 記事一覧

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ:

PICK UP



RELATED

PICK UP