2022.11.02

WATCHES

PR

スタイリッシュでエレガントなベル&ロスのニュー・モデル!「BR-X5」はケースもムーブメントも新開発!

斬新なデザインと機械的信頼性を備えたベル&ロスの新作「BR-X5」

全ての画像を見る
ベル&ロスは2019年以来、実に3年ぶりとなる新しいコレクションを発表した。その「BR-X5」は、新鮮なダイアルデザインやユニークなケース構造を採用するのみならず、新開発のムーブメントを搭載して信頼性も高めた、ブランドの進化を明示するタイムピースである。

斬新なデザインと機械的信頼性を備えた「BR-X5」

ラウンドとスクエアを組み合わせたアイコニックなデザインを踏襲しながらも、航空計器をモチーフとした従来のコレクションとは異なる都会的なルックスに仕立て上げ、2019年の発表直後から高い支持を獲得し続けている「BR 05」。これに次いで登場した新たなコレクションが「BR-X5」だ。

一見して印象に残るのが、スタイリッシュさと力強さを兼ね備えた特徴的なデザイン。モデル名に付けられた”X5”のナンバーが示すとおり、「BR 05」の洗練された雰囲気はそのままに、「BR-X1」にも通じる高度の製造技術がもたらす未来的な要素も併せ持っている。

BR-X5 アイスブルー スティール
ダイアルに用いられたアイスブルーは、ポリッシュとラッカー仕上げを何層にも重ねて作られ、軽快かつ上品な雰囲気を放っている。その表情は、従来のマッシブなイメージから一転、ベル&ロスの時計に新たな魅力を生み出している。自動巻き。ステンレススティール、ケースサイズ41mm。100m防水。92万4000円。

それを表しているのがダイアルだ。3時位置にデイト表示、9時位置にパワーリザーブインジケーターを備え、ベル&ロスらしい航空計器のイメージを感じさせつつもモダンな雰囲気へとアップデート。しかも、ダイアルカラーは精悍な印象を与えるブラックに加え、ブランド初となるアイスブルーもラインナップ。こちらは近年注目度が高まっているカラーで、コーディネートする服装を選ばず、袖口に軽快なニュアンスを添えられる魅力がある。

そしてもうひとつ注目すべきが、ケースに採用されたサンドイッチ構造。ムーブメントを保護するセンターケースを、ステンレススティール製のプレートとベゼル、ケースバックで表裏から挟み込む設計なのだが、時計を側面から眺めると、このサンドイッチ構造が顕になっており、「BR-X5」のインダストリアルな雰囲気を一層強めている。

側面から確認できるサンドイッチ構造。センターケースをプレートとベゼル&ケースバックで挟み込む構造だが、ベゼルとプレートの間にはカラーユニットが配置され、ケースサイドのデザインにアクセントを加えている。


BR-X5のケース構造

◆ベル&ロスの詳しい商品情報についてはコチラ!

問い合わせ=ベル&ロス銀座ブティック Tel.03-6264-3989

新開発のムーブメントを搭載

外装を一新させるのみならず、新開発のムーブメントを搭載していることも特筆すべきポイントだ。




BR-X5に搭載された自動巻きムーブメントBR-CAL.323

BR-CAL.323は、昨今の時計業界で一際注目を集めているムーブメント製造会社・ケニッシ社とのパートナーシップによって開発された自動巻きムーブメント。パワーリザーブは約70時間を誇り、これまでのモデルと比べて大幅に延伸させただけではなく、ベル&ロスのムーブメントでは初となるCOSC認定を受け、高い精度も実現。


BR-X5のケースバック。シースルーバックからは、ケニッシ社とのパートナーシップによって生まれた新開発のBR-CAL.323の姿が確認できる。ローターはベル&ロスの要望によって作られ、「BR 05」に搭載されたムーブメントと同様のオープンワークデザインを採用している。

一方で、ムーブメントのデザインにはベル&ロスの意向が反映されており、シースルーバックから確認できるローターは、「BR 05」で採用されていたオープンワークのローターを想起させる意匠に。「BR 05」の流れを汲みつつ、新鮮なデザインと信頼性の高いムーブメントを備えた「BR-X5」は、まさに都市探検者のための新たな計器なのである。


BR-X5 ブラック スティール
深みのあるブラックダイアルを採用し、ベル&ロスらしい精悍な表情が堪能できる。9時位置のインジケーターには赤色の目盛りが用いられ、パワーリザーブ残量をひと目で確認できるのみならず、デザインのアクセントとしても効いている。自動巻き。ステンレススティール、ケースサイズ41mm。100m防水。85万8000円。

ダイアルと同色のラバーストラップを付属したモデルも展開。スポーティーな雰囲気を強めている。85万8000円。


BR 05の流れを汲む、ケースとブレスレットに統合感を持たせたデザインは、スーツスタイルにも着用しやすい。92万4000円。

◆ベル&ロスの詳しい商品情報についてはコチラ!

問い合わせ=ベル&ロス銀座ブティック Tel.03-6264-3989

文=竹石祐三 写真=近藤正一

(ENGINE 2022年12月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録



RELATED