2019.05.13

LIFESTYLE

茶の湯の世界を気軽に満喫。〝茶事〞レストランを楽しむ!

青山にオープンした『即今』は、懐石料理とお茶を基本とした"茶事"を中心に、さまざまな楽しみ方ができる場所。独創的かつ本格的な茶室で、茶の湯の世界をお楽しみあれ。
店内の広間「爤酔(らんすい) 亭」でお点前(てまえ) をするトゥーシャン・ザッカリ店長。水指は野々村仁清の信楽兎耳付写し。茶器は南僚(なんりょう)(純銀)製の宗和好槌棗(つちなつめ)。茶碗は仁清の色絵鱗波紋茶碗写し。スタッフのお点前は、濃茶や薄茶(1000円〜)に+3000円でリクエスト可。
「一汁三菜コース」(8000円)と「即今コース」(1万2000円)の、薄茶と主菓子の後に出される季節の懐石の一例。向付は甘鯛昆布〆、煮物椀はすっぽんの丸まんじゅう、亀甲人参、大根、菜花、揚げ生姜。焼き物は金目鯛の塩焼き。最後に香物と湯桶(ゆとう) (焦げ湯)が。


初夏のオリジナル・カクテル「燕かきつばた子花」1200円。燕子花(かきつばた) を思わせる色彩も美しい。


東京オリンピックを控えて日本文化が注目されるなか、巷はちょっとした茶の湯ブーム。東京・青山には"茶事(ちゃじ) "のダイジェスト版を楽しめる画期的な店がオープンした。その店『即今(そっこん) 』の主人である宇田川宗光氏は、金森宗和を祖とする茶道宗和流の18代目。だが、店では敢えて流儀を前面に出さず、作法や経験の垣根を超えて皆が気軽に集えるようにしている。宇田川氏に理由を尋ねれば、「茶道は本来、お客様を招き、お茶をふるまってコミュニケーションを楽しむもの。最近は"お稽古"がメインになってしまっていますが、本来の楽しさを知ってほしいと思ったんです」とのこと。


そもそも"茶事"は、茶人が催す少人数制のクローズドな茶会。茶道を嗜んでいなければ縁がないものだが、"茶事"には主人が趣向を凝らした茶室のしつらえから、懐石料理、お酒、濃茶、薄茶まで、茶の湯の魅力が凝縮されている。一方、着物での長時間の正座など、ハードルの高い側面があるのも事実。そんな"茶事" から楽しいエッセンスだけを取り出してアレンジしたのが、『即今』の3種類のコース(6000円〜/要予約)だ。たとえば1万2000円の「即今」は、実際の"茶事"で場所や雰囲気を変えながら懐石料理と濃茶、薄茶を楽しむように、店内の茶室を移りながら薄茶、懐石料理、お酒を楽しむフルコース。まずは小間で薄茶とお菓子を楽しみ、広間「爤酔(らんすい) 亭」 では茶懐石形式での料理を味わう。テーブルを囲む全員が同じ盃で酒を酌み交わす「千鳥の盃」を追加することも。食後に小間「笊籬(そうり) 菴」に移ると、座敷の奥の襖が開いてバックバーとバーテンダーが現れ、お茶の点前のような「カクテル点前」を披露してくれる。


店内の3室の茶室は、いずれも足をおろせる現代的な造りゆえ、正座が苦手でも心配は無用。一方、しつらえは本格的で、三畳台目の小間「即今」には大徳寺真珠庵の古材が用いられていたりする。予約せずに当日ふらりと訪れる場合は、薄茶と主菓子(おもがし)の「一服セット」や酒肴の「一献セット」(各3000円)、アラカルトが楽しめ、バーとしても利用可能。茶の湯のフィルターを通した、唯一無二のレストラン&カフェ&バーだ。


長四畳のカクテル席「笊籬菴」。広間では出していない本格的なカクテルを、バーテンダーが目の前で作ってくれる。各茶室は貸切での利用も可。

 


「爤酔亭」の立礼(りゅうれい) 式(掘りごたつ)のテーブルにはIH炉が設けられており、各茶席では自ら点前をすることもできる。茶道具の持ち込みも可。


問い合わせ= 即今(そっこん)  東京都港区南青山5-12-4 全菓連ビルB1 Tel.03-6427-7787



文=小松めぐみ(フードライター)写真=田村浩章

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP