2019.07.21

LIFESTYLE

「サザエさんの家」に込められた家族の絆に思わず涙 クルマ好きの仲良しファミリーが父親のために建てた家!

ホンダS800を見せることをテーマに設計された石川邸は、2つの世帯が暮らす住宅である。

全ての画像を見る
ふたつの家にもうひとつの家がくい込んだようななんとも不思議な石川邸。そこは、 クルマでつながる素敵な家族が集まる場所だった。雑誌『エンジン』の人気企画「マイカー&マイハウス クルマと暮らす理想の住まいを求めて」。今回は、正面から見るとあの国民的なテレビアニメ、「サザエさん」のエンディングに登場する家のカタチとそっくりな家のストーリー。デザイン・プロデューサーのジョースズキ氏がリポートする。

父の愛車エスハチのための家を、息子が設計

小さなホンダS800(1968年型)が、キレイに収まるように建てられた横浜市の石川邸。ここに開業医でクルマ好きの操さん(69歳)と、奥様の久実子さん、そして長男の陽さん家族と長女の郁菜さんが暮らしている。設計は、独立して家庭を持っている次男で建築家の亮さんと、傳田アーキテクツの傳田剛史さんとの協業。二人の若々しい発想を、仲の良い家族が受け入れた結果、個性的だが温かさを感じる家ができあがった。

ホンダS800を見せることをテーマに設計された石川邸は、2つの世帯が暮らす住宅である。右手のグレーの建物が個室棟。杉板を張った家型の部分が共用部分で、玄関は外階段を上った2階にある。家の前には、3台分の駐車スペースが。

家族が多いと、家を建てる際には各人の要望が異なるもの。意見は簡単にはまとまらなかったが、最終的には長年頑張ってきたクルマ好きの父親に敬意を表し、操さんにとって思い出深いS800を美しく飾る家を作ることとなった。

「これまで買ってきたのは、殆ど中古車ばかりで、新車は数えるほど」と話す操さんが乗ってきたクルマは数多く、この家には計4台分の駐車スペースが。取材のため、家の前は最も気に入っているランドローバー・ディフェンダー(2002 年型)を停めたが、そう遠くない所にある病院の駐車スペースには、随分と多くのクルマを置いている。所有車は、ダットサン・フェアレディ2000、ポルシェ911スピードスター、フィアット・アバルト1000TC、初代のダイハツ・ミゼット、メルセデス・ベンツのA、E、Gクラスなどなど。これだけクルマがあるので、同居する陽さんや同じ市内に住む三男の善衛さんは、自身のクルマを所有せず、必要な時は「家のクルマ」を使っているそうだ。

もちろん家族の思い出の多くは、クルマと共にある。看護師である妻の久実子さんは、「子供たちが生まれる前、仕事が21時頃に終わってからの夫とのデートは、閉店した中古車屋のウインドーショッピングでした」と、楽しそうに回想する。長女の郁菜さんは、家族でモーターショーやF1を観に行ったことが記憶に残っているとか。そして三兄弟は中学・高校時代は親元を離れ、全寮制の学校に。

週末、実家に戻ってきた長男・次男を、操さんは夕方から診療があるにもかかわらず、レーシングカート場へ連れて行った。実は陽さんは、全日本選手権でもかなり名前を知られたレーサー。送迎は、たまにしか子供に会えない父親にとって幸せな時間だったという。陽さんも、父親のクルマで一番印象に残っているのは、カートを積むために手に入れた、かつて給食の配送に使われていたトラックと話す。

そして成長した子供たちが随分とお金を出し、8年前にやってきたのが、この家のガレージに納まるS800だ。操さんは若い頃にエスハチに乗っていたが、当時のクルマは大掛かりなレストアが必要なため、操さんの実家に大切に保管されているという。

そんな石川家が暮らしていたのは、操さんの病院の2階。築30年を超えているうえ、人を招くには手狭だった。そこで新たに家を建てるために手に入れたのが、公園に面したこの土地だ。設計当時の亮さんは、手続き上自身で設計することができず、縁のある建築家の傳田さんと共同設計することに。早い段階から傳田さんも打ち合わせに加わり、アイデアを形にしていった。

エスハチの横に停めてあるバイクは、長男のホンダ・ドリーム50。次男は色違いの1台を所有。飾られているエンジンは、オーバーホールしたエスハチのスペア。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED