2020.07.14

LIFESTYLE

洞窟に住む!? 住宅街に現れた巨石建築 その室内はアッと驚く空間だった!!

2台のポルシェは、まるでオーバーハングした岩壁の下に止まっていた。住宅街に忽然と現れた巨石。そこは不思議と居心地のいい家だった。雑誌『エンジン』の、クルマと暮らす理想の住まいがテーマの人気シリーズ。今回は、世界的建築家、井出孝太郎さんが手がけた「巨石の家」を取材した。

考えたのは1.5家族のための家

道路からだと窓一つ見えない、濃いグレーの幾何学的な形のSさん(会社経営53歳)のお宅。周りは古くからの落ち着いた住宅が多い地区だけに、ひときわ存在感がある。これはSさん夫婦が、新たにSさんのお父様と3人で住むために建てた家だ。

Sさん夫婦は共に料理が得意で、キッチンはリビングダイニングの棚の延長上のオープンな一角に。季節の良い時期は、バルコニーで朝食をとることも。この部屋で、世界的に知られる映画監督が化粧品のCMを撮影したことがある。

最初は家を建てる計画は無く、2年近くマンションを探したSさんたちだが、1家族でも2家族でもなく、1.5家族が快適に暮らせそうな部屋は見つからなかった。そこで方向転換し、建築家に依頼して希望の家を建てることとした。設計はアールテクニック一級建築士事務所を主宰する井手孝太郎さん。Sさん夫婦と井手さんの出会いは全くの偶然だ。夫婦二人、別々の機会に井手さんが設計を手掛けた集合住宅を目にし、気になっていた。そこで二人でこの建物を見に行った際に出会ったのである。

井手孝太郎さんは、軽井沢の別荘「Shell」で世界的に知られる建築家だ。楕円の白いパイプ状の造形が特徴だが、この形になったのには深い訳がある。この別荘は湿度が高い土地に建つため、地面から浮かせ、建物を傷めないようにとの配慮からこの形状になったのだ。できるだけ建て主に長く快適に住んでもらうため、形は少々奇抜かもしれないが、合理的な思想に基づいて設計するのが井手さんのやり方なのである。

張り出した2階部分の壁の裏側は、バルコニー空間を広く見せることに。壁の色は濃いグレーに見えるが、光の当たり具合で印象が大きく異なる。外部からは無機質で閉鎖的な印象を受けるが、2階は開放的で温かな雰囲気が。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録