2019.12.08

LIFESTYLE

クルマ好きの理想の家! 旧車のミニと豊かな自然の里山で暮らす 

愛媛県の松山市の郊外に広がる田園地帯に佐川邸は建っている。旧車好きのオーナーが作ったのは、里山の風景に溶け込むモダンな平屋住宅だった。雑誌『エンジン』の、クルマと暮らす理想の住まいがテーマの人気シリーズ。今回は、ガレージにクラシック・ミニがおさまる家を紹介。デザインプロデューサーのジョースズキ氏がリポートする。

当時はまだ無名の新人だった建築家を抜擢した


愛媛県の松山市の中心部から10キロほど。田園風景が広がり、山が大きく見える里山と呼ぶに相応しいエリアに佐川昭二さん(50歳)の家は建っている。祖父母が作り佐川さんが育った家を、建て替えたものだ。暮らしているのは、サラリーマンの佐川さんと奥様、そして小学校に上がる前のお子さんが二人。設計は、広島を拠点にする小松隼人さんだ。今でこそ建築界では名の通った売れっ子だが、当時は独立したての無名の新人。松山の工務店が主催した建築家を紹介するイベントで、建て主が気に入った一軒を設計していたのが小松さんだった。

「殆ど実績がない自分を選んで頂いて、本当に感謝しました」と、語る小松さんは、この家の設計に多くのエネルギーをつぎ込んだ。完成した家は、アイディアから細部に至るまで、時間をかけたのがよく分かる細やかな設計になっている。既製品で間に合わせることの多いキッチンや家具の多くも、自分でデザインした。センスの良い施主に満足してもらうためでもあろう。

そもそも佐川さんは、スキューバーダイビング、自転車、キャンプ、スキーなどの他に、ワインを楽しむ多趣味な人。時には松山からクルマを2時間ほど走らせ、高知のダイビングスポットに。また、お酒を楽しむとなると、繁華街から遠くて帰りが大変なので、近場のキャンプ場にテントを立てて一泊し、夜に仲間と楽しい時間を過ごすなど、なんとも豊かなライフスタイルを送っている。こうした場面で、アウトドア用のレジャー・ツールを積み込み、普段の足にもなってきたのが、ランドローバー・ディスカバリーやゴルフ・ワゴンなど。拘りが窺える。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED