2021.03.06

CARS

これが最後! 生産終了のロータス・エリーゼとエキシージに最終限定車が登場

現在ラインナップするエリーゼ、エキシージ、エヴォーラの生産を年内に終了すると発表したロータスが、エリーゼとエキシージのファイナル・エディションを設定。日本市場には、1機種のエリーゼと2機種のエキシージが導入される。


エリーゼ・スポーツ240ファイナル・エディション
エリーゼ・スポーツ240ファイナル・エディション
エリーゼ・スポーツ240ファイナル・エディション
エリーゼ・スポーツ240ファイナル・エディション

エリーゼは、243ps/244Nmを発生する1.8リッター直4スーパーチャージャーを積む「スポーツ240」。前身にあたるスポーツ220用より1本あたり0.5kg軽量な鍛造アルミホイールとヨコハマ・アドバンスポーツV105を履く。ボディ色には1996年に発表された最初の生産車に塗られたアズールブルーなど、歴代モデルに使われていた色が追加設定されている。0-100km/h加速は4.5秒。価格は777.7万円。


エキシージは、402ps/420Nmの「スポーツ390」と、426ps/427Nmの「スポーツ420」を設定。どちらもエンジンは3.5リッターV6スーパーチャージャーを搭載する。


エキシージ・スポーツ390ファイナル・エディション
エキシージ・スポーツ390ファイナル・エディション
エキシージ・スポーツ390ファイナル・エディション
エキシージ・スポーツ390ファイナル・エディション

スポーツ390は、ビルシュタイン製ダンパーとアイバッハ製スプリング、APレーシング製の前後4ポッド・キャリパーとクロス・ドリルド・ディスクを備えるブレーキ・システム、ミシュラン・パイロット・スポーツ4タイヤなどを装備。0-100km/h加速は3.8秒。価格は1177万円。


スポーツ420は、ナイトロン製3ウェイ・ダンパーとスプリング、アイバッハ製の調整式スタビライザーを装備し、リア・サスペンションはアルミ鍛造ダブル・ウィッシュボーンを採用。また、ブレーキ・システムはAPレーシング製で、前後4ポッド・キャリパーとダストが溜まりにくいJフック加工ディスクを組み合わせている。0-100km/h加速は3.4秒。価格は1397万円。390.420ともボディ・カラーには2000年の最初の広報車両に用いられたメタリック・オレンジなどが用意される。


エリーゼ、エキシージともファイナルエディション用の外装デカールと室内のビルド・プレートを装着。メーター・パネルはTFT液晶のデジタル表示を新たに採用し、乗降性を改善するフラットボトム・タイプのレザーとアルカンタラで覆われたステアリング・ホイールや新しいシート・トリムとステッチ・パターンも専用装備として備わる。


エキシージ・スポーツ420ファイナル・エディション
エキシージ・スポーツ420ファイナル・エディション
エキシージ・スポーツ420ファイナル・エディション
エキシージ・スポーツ420ファイナル・エディション

文=関 耕一郎


(ENGINEWEBオリジナル)


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP