2021.06.20

CARS

初めてのドナドナ【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート #77】

『エンジン』に掲載された編集部の長期リポート車、メルセデス・ベンツ300TE(1992年型)の過去13年間分の記事をWEBで再掲載している連載です。毎週水曜日12時更新。今回は走行距離が20万8017kmの2008年9月号のショート・リポートです。

【初回を読む】2008年、エンジン編集部で124型の購入を決定!

エンジンが止まった!!

今月の走行距離はたったの130km! 44号車と過ごしてきた6年7カ月のなかで最も短い。事件が起きたのは先月、寿命になったベルト・テンショナーを交換し、快調に走り出した翌々日のことだった。都内で取材を終え編集部へ戻る途中、本誌を印刷している大日本印刷裏に差し掛かると、フッとヘッド・ライトが暗くなり、そのままエンジンが止まってしまったのである。原因はオルタネーターの不調。セル・モーターを回すことができず、レッカーでヤナセへ運ばれた。がんばれ! 44号車。

■44号車/メルセデス・ベンツ300TE
MERCEDES-BENZ300TE
購入価格:168万円
導入時期:2008年9月
走行距離:20万8170km

文=荒井寿彦(ENGINE編集部)

(ENGINE2015年6月号)

▶次の記事
#78 オルタネーターとウォーター・ポンプを交換 祝・完全復活!【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート】
 
▶前の記事
#76 ベルト・テンショナーが寿命に【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート】

▶︎過去の連載一覧
メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート 記事一覧

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ:

PICK UP



RELATED