2021.06.11

CARS

スポーティなデザインと充実の装備が魅力 フォルクスワーゲンTクロスにRライン登場

内外装でスポーティなイメージをアピール

フォルクスワーゲンのスモールSUVであるTクロスに、スポーティな内外装を持つ上級グレードの「TSI・Rライン」が追加された。

外観にはスポーティな「Rライン」の性格に合わせたスポーティなイメージをアピールする専用デザインの前後バンパーとサイド・スカートが装着されている。新デザインのホイールは18インチで、タイヤは下位グレードよりもワイドで偏平率の小さい215/45R18を履く。ボディカラーは専用色の「リフレックスシルバーメタリック」を含む7色から選択できる。

内装にもファブリック・シートやレザー・ステアリングホイール、ドア・シルプレート、アルミ調ペダルといったRライン専用品を装備。「ノーマル」、「エコ」、「スポーツ」、各部の個別設定が可能な「カスタム」の各走行モードから選べる「ドライビング・プロファイル」も採用された。





先進の安全装備を標準化

運転支援システムも拡充。レーンキープ・アシストやハイビーム・アシスト、駐車支援、後方死角検知、駐車時の障害物検知や出庫時の後方交通検知といった、下位グレードではオプションだったデバイスを標準装備にしている。

パワートレインは他グレードと同じく、116ps/200Nmの1.0リッター直3ターボとデュアルクラッチ式7段自動MTを搭載する。駆動方式はFF。価格は345万円。





文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

文=関 耕一郎