2021.07.30

CARS

PR

“EXキーパー” 施工から1年、人もクルマも、お肌のメンテナンスが大事です!

“過剰なまでに美しい” が謳い文句のEXキーパー施工から、はや一年。このかん洗車したのは1度か2度で、ほとんどほったらかし。そこでキーパーでお手入れしてもらったら、再び新車を超えた輝きに。


こちらの写真は昨年8月、初めての  “EXキーパー”  施工後に撮った写真。ボディ全体がしっとりとした水のヴェールに包まれたようになるのが特徴だ。2つ上の写真は今回のメンテ実施後。再びその感触が甦ってニッコリ。

キーパー技研の広報担当者から、「そろそろ、カー・コーティングのメンテナンスをしませんか?」というお誘いを受けたのは、ちょうど先月号の巻頭特集「ちょっと古いクルマ探検隊!」に愛車ポルシェ・ボクスターを登場させ、海辺で撮影した直後のことだった。

潮風に長時間あたり、やっぱり洗車しといた方がいいかな、と思っていたところに、またしても渡りに舟のようなモニターの話が舞い込んできたのだから、そりゃ飛びつかないわけがない。ぜひお願いします、とふたつ返事で答えて、昨年に続きキーパーラボ杉並店を訪ねることになったのである。

待っていてくれたのは、昨年もボクスターにキーパー技研が新開発した究極のカー・コーティング、“EXキーパー” を施工してくれた保坂忠臣 店長、いや元店長。実は保坂さんはその後、東京営業所の営業部課長になっておられたのだが、この日のためにわざわざ駆けつけてくれたのである。感謝。


1.まずは洗車から。光沢や水弾きからコーティングの状態を確認。幸いにもボクスターのお肌の状態は良好ということだった。


2.続いてクリーニング。走行中についた汚れと油分をしっかり除去する。


3.今回使った溶剤は5種類で、右からクリーナー、フッ素系ウィンドウガラス撥水剤、メンテナンス用のガラス・コーティング剤、ヘッドライトなど樹脂部分のガラス被膜形成剤、そしてホイール用のガラス被膜形成剤だ。

さて、ここで “EXキーパー” についてよくご存じない方のために簡単に解説しておこう。“EXキーパー” は本来、新車向けに、その一番塗装のいい状態を長く保つための手段として開発された特別なガラス・コーティングで、従来のガラス被膜の上に、これまでの2倍にもなる厚さのコーティング被膜を重ねることで、独特の艶や輝きを持つ “過剰なまでの美しさ” を実現したものだ。

しかし、事前にオプションの研磨をして、下地を新車に近い状態まで整えることで既存車にも使うことができる。わがボクスターは昨年ですでに15 年落ちの古いクルマだったが、研磨を経て “EXキーパー” を施工したことで、驚きのツルツルしっとり美肌に大変身したのである。

一度施工すれば強力な撥水効果を発揮し、ホコリなどの汚れを水とともにはじくため、洗車するだけであっいう間に元の輝きに戻る。しかもその効果が、2年に一度のメンテナンスにより6年も持続するというのである。そのメンテナンスを今回、通常より早い1年で受けることになった次第だが、そんなモニターを依頼されたのは、実際に “EXキーパー” を施工した人たちの中に、1年でメンテナンスに持ち込む人がかなりいるから、というのがその理由。

ぜひその人たちの気持ちを追体験して欲しいというのである。いったい、どういうことか?


4.ここからがメンテナンス。ポルシェ・ボクスターや911はトランクへのモノの出し入れでフロント・フードを開ける機会も多いため、フードの裏もしっかりとコーティングする。


5. “EXキーパー” により厚く塗られたコーティングの経年劣化による表面の荒れを整えるのがメンテナンス。プロの技を駆使して手作業で溶剤を塗布していく。


6.ヘッドライトもしっかりコーティング。経年による曇りも、これでほとんど取り除くことができるという。

水洗いから始まったこの日の作業は、クリーニングを経て、室内でのメンテナンス工程に移り、プロの技術を駆使した手作業のメンテナンス用コーティング剤塗布が念入りに行われる。すべての作業が丁寧かつ正確で、動きに淀みがない。ガラスやホイール、ヘッドライトまでしっかりとコーティングをし直して、2時間半ほどで終了。

再び磨き上げられた愛車ボクスターは、昨年にも勝るほどのツルツルしっとり美肌を取り戻していた。指で触れると、ちょっとゾクゾクッとするような独特なしっとりした柔肌の感触がある。

キレイなタオルをボンネットの上にそっと乗せると、スーッと糸を引くようにして滑り落ちて行った。この感触、この感激。それを再び味わいたくて、2年待ちきれずに1年でメンテナンスに持ってくる人がいるというのは、なるほど分からなくはない、と思わず頷いてしまった。というわけで、最後に歓びの記念撮影(一番上の写真)。どうです、うれしさが全身から滲み出てるでしょ。




2年に一度メンテナンスで美肌が6年間持続する “EXキーパー” 

“EXキーパー” は、カー・コーティングや洗車事業、洗車用ケミカル剤の開発で知られるKeePer技研が技術の粋を集めて開発した、究極のガラス・コーティングだ。“EX” というのはエクセス、すなわち過剰。“エクセス・ビューティ” = “過剰なまでに美しい” を謳い文句にしており、耐久年数はノーメンテナンスでも3年、2年に1度のメンテにより6年持続させることができる。施工料金はクルマのサイズによりSS10万8100円~ XL16万6300円まで6段階。メンテナンス料金は1万6600円から3万1300円。

問い合わせ/KeePer LABO 
http://www.keeperlabo.jp

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED