2021.10.20

CARS

【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート #93】編集部に来てから8年間走り続けています。もうすぐ25万km!

『エンジン』に掲載された編集部の長期リポート車、メルセデス・ベンツ300TE(1992年型)の過去13年間分の記事をWEBで再掲載している連載です。毎週水曜日12時更新。今回は走行距離が24万2240kmの2016年10月号のショート・リポートです。

***

1992年型メルセデス・ベンツ300TE、今年はトラブルなしで夏を乗り切れるかも!?

暑い季節をむかえると、どこか調子が悪くなることが多かった44号車だが今年の夏は絶好調、水温計の針に不安な動きはなく、エアコンもキンキンに冷える。夏場に水回りの心配がないのは本当に嬉しい。それもそのはず、走行ノートをめくってみると、エアコンのガス漏れ修理(2010年6月)、電動ファンの交換(2012年8月)、ヒーター・スイッチの交換(2014年9月)、ヒーター・コアのパイプ交換(2014年11月)、ウォーター・ポンプの交換(2015年5月)、ラジエーターの交換(2016年1月)と、冷却関係だけでこんなに新しくなっている。

トラブル発生時に感心するのは、ヤナセにパーツがあることだ。44号車は2008年に「ちょっと前のメルセデス・ベンツは、やっぱり永久自動車か?」というテーマで長期テストを開始した。24年も前に生産されたクルマが、元気に走り回るためには、交換パーツが欠かせない。しかし、さすがに品薄になってきたモノもあるという。永久自動車でなくなるのは、パーツがなくなったときかもしれない。

さて、2017年に25歳を迎える44号車。距離もそれに合わせたかのように25万kmになろうとしている。もうすぐ四半世紀、もうすぐ25万km! 頑張れ44号車!



文=荒井寿彦(ENGINE編集部) 写真=望月浩彦

■44号車/メルセデス・ベンツ300TE(1992)
Mercedes-Benz 300TE(1992)
購入価格 168万円
導入時期 2008年9月
走行距離 24万2240km

(ENGINE2016年10月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED