2021.11.10

LIFESTYLE

BENTLEY Continental GT Mulliner × DUNHILL スタイリスト・祐真朋樹の「乗るクルマ×着る服」

スタイリスト、祐真朋樹が話題のクルマに合わせた旬なファッションをスタイリングするシリーズ、「乗るクルマ×着る服」。今回は「英国」をテーマにベントレー・コンチネンタルGTマリナーとダンヒルの最新ルックを組み合わせた。

ベントレーのビスポーク・カー、Continental GT MullinerとDUNHILLの最新ルック

コンチネンタルGTマリナーは、ベントレーのビスポーク部門である「マリナー」がコンチネンタルGTの製造ラインを利用して創る、カスタムオーダーのコンチネンタルGTだ。この究極のラグジュアリーカーに合わせたのは、ダンヒルの最新ルック。クラシックな英国の服をベースにモダンなテイストを加えたウエア類だけでなく、GTカーのレザーシートや塗装から着想を得たデザインのバッグ、シートベルトを彷彿とさせるベルトのついたシューズにも注目したい。世界最古のコーチビルダーであるマリナー、そして1893年から自動車関連のウエアやギアを取り扱っていたダンヒル。英国の老舗ブランドの競演である。





BENTLEY Continental GT Mulliner

「コンチネンタルGTマリナー」はボディカラー、インテリアカラーの組み合わせ、ウッドパネルなどをパーソナライズし、ベントレーが誇るコーチビルダー部門マリナーに自分だけの「コンチネンタルGT」を仕立ててもらうビスポーク・モデルだ。エクステリア・デザインで見る者の目を奪うのはフロントの「ダブルダイヤモンド」マトリックスグリル、特注デザインの22インチマリナーホイール。いずれもこのクルマのためにデザインされたスペシャルなものだ。またインテリアでは車内全体で約40万針が必要だというダイヤモンドステッチに圧倒される。1つのダイヤモンドだけでも712本のステッチが入っているという。エンジンの選択肢は2つあり、V8とW12エンジンから選ぶことができる。価格はW12エンジンモデルが3511万2000円、V8エンジンモデルが3450万円。問い合わせ先=ベントレーモーターズジャパン Tel.0120-97-7797



ファッション・ディレクター=祐真朋樹 写真=秦淳司 ヘアメイク=HIRO TSUKUI モデル=JANSEN NAOKI 車両協力=ベントレーモーターズジャパン Tel.0120-97-7797

(ENGINE2021年11月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

RELATED