2022.04.26

LIFESTYLE

『ジョーカー』の悪役イメージをくつがえすホアキン・フェニックスの芝居も見もの 映画『カモン カモン』が伝える希望のメッセージ

(C) 2021 Be Funny When You Can LLC.  All Rights Reserved.

全ての画像を見る
『ジョーカー』の衝撃演技で見事、アカデミー賞を受賞したホアキン・フェニックス。彼が次に選んだ作品は、前作のイメージを180度くつがえす、ハートウォーミングな物語だった。

子供たちのリアルな声


『人生はビギナーズ』、『20センチュリー・ウーマン』と、実の家族を題材にした物語を、温かな目線で描いてきたマイク・ミルズ監督。新作『カモン カモン』では、ニューヨークに暮らすラジオ・ジャーナリストのジョニーと、母親と短期間離れることになった甥っ子ジェシーとの心の交流を綴る。


子供のような純粋さを残した40代の男と、妙に大人びていて、それでいてどこか不安定な9歳の少年。親子とはまた違った距離感から生まれる掛け合いが微笑ましく、世代を超えたバディ・ムービーとして出色の出来だ。モノクロ映像で表現された、ニューヨークやロサンゼルスなどの都市の美しさも印象的である。


主人公ジョニーを演じるのはホアキン・フェニックス。稀代の悪役に扮した『ジョーカー』ではアカデミー賞主演男優賞を受賞したが、今回はその狂気のイメージを180度覆す、平凡な、それでいて誰もが共感できる心優しき人物を繊細に演じている。


一方、本作には、ジャーナリストである主人公のインタビューという形で、9歳から14歳の子供たちのリアルな”声”が挿入されている。彼らは今の生活について、世界について、そして未来についてどう考えているのか? まさにこの不穏な世界において、子供たちの明るい未来を希求するかのごとき秀作だ。



『カモン カモン』
前作『20センチュリー・ウーマン』で、アカデミー賞の脚本賞にノミネートされたマイク・ミルズ監督。5年ぶりの新作となる『カモン カモン』 の最初のアイデアは、自分の子供をお風呂に入れている時に思いついたという。9歳の甥っ子、ジェシーを演じるのはイギリス出身のウディ・ノーマン。ちなみにタイトルの『カモン カモン』 は”先へ 先へ”の意。108分。配給:ハピネットファントム・スタジオ。TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー中。



(C) 2021 Be Funny When You Can LLC. All Rights Reserved.

文=永野正雄(ENGINE編集部)

(ENGINE2022年6月号)


無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED