2022.07.07

WATCHES

原点に焦点を当てたベル&ロスの新モデル

ベル&ロス BR 03-94 マルチタイマー

全ての画像を見る
新ジャンルの開拓だけではなく原点回帰の試みは、独創性をいっそう際立たせ、2022年の大きなトレンドになること間違いなし! 時計ジャーナリスト菅原茂氏とENGINE編集部の時計担当前田清輝が、ベル&ロスの魅力を紹介する。

なんでも測ってみたくなるクロノグラフ機能とは

スポーティ・エレガンス系の「BR 05」でラグジュアリーウォッチの新たな世界を開拓する一方で、今年ベル&ロスは計測機器という、いわば原点ともいえる側面にも焦点を当てた。「マルチタイマー」と銘打った新しいモデルは、クロノグラフ機能を応用して5種類の多様な計測が可能という興味深い逸品。たとえばランニングの際に脈拍数、呼吸数、平均速度などもこれで測ることができる。計測機能ごとに色分けされたダイアルも楽しい。スタンダードなクロノグラフ・ムーブメントを生かしながら、ここまで独創的に作り込むセンスもベル&ロスならではだ。


BR 03-94 マルチタイマー
一般的なクロノグラフ機能の60秒計測と30分積算に加え、クロノグラフ秒針を応用して脈拍数を測るパルスメーター、呼吸数を測るアズモメーター、そしてランニング、自転車、スポーツカーの各時速の計測に対応可能な3種類のタキメーターがあり、カラフルな色でゾーンを分けたそれぞれのスケールをダイアルに装備する。自動巻き。マット ブラック セラミック、ケースサイズ42mm、100m防水。世界限定500本。71万5000円。


BR 05 クロノ エディシオン リミタダ
スペイン語でリミテッド・エディションと称す限定シリーズは、ハバナシガーの世界観を表現。丸みを帯びたケースはロブストのシガーを想起させ、ブラウンダイアル、ピンクゴールドとレッドの針もマデューロのシガーに通じる。自動巻き。ステンレススティール×ピンクゴールド、ケースサイズ42mm、100m防水。世界250本限定。149万6000円。

菅原 新作の「マルチタイマー」はおもしろい。自分ではランニングなどのスポーツではもっぱら多機能デジタルウォッチを利用しているが、そうか、「機械式クロノグラフでもこんな計測が可能なんだよね」とあらためて気付いた次第。でもなにより魅力的なのは、これぞベル&ロスだと主張するユニークなデザインだ。

前田 5種類の計測が可能なクロノグラフ「BR 03-94 マルチタイマー」は、思わずあれこれその機能を試したくなる、心をワクワクさせてくれるモデルだ。カラフルなダイアル表示やインダイアルのレイアウトは計測しない時も見ているだけで楽しくなる。機能とデザインをハイレベルで融合させるベル&ロスの真骨頂がここにある。

文=菅原 茂/前田清輝(ENGINE編集部)

(ENGINE2022年6月号)
※価格は雑誌掲載時のものです。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP