2022.07.02

CARS

2代目スズキ・フロンテってこんな顔でした アルト・ラパンにレトロ・スタイルを強調した「LC」追加

レトロな雰囲気で人気を博すスズキの軽自動車、「アルト・ラパン」が仕様を一部変更。同時に、新機種のLCを追加した。

懐かしい顔が復活

注目は新たにラインナップに加わったLCだ。特徴的な丸型2灯式ヘッドライトこと踏襲するものの、フロントまわりを大幅に刷新。1967年にデビューした2代目スズキ・フロンテを彷彿させる、よりレトロなイメージの強いデザインが与えられている。また、バック・ドアにはメッキ・ガーニッシュを採用。上級グレードの「X」にはLEDウインカー付きドア・ミラーを装備。2トーン仕様のルーフ色はソフトベージュに加え、アーバンブラウンを専用設定する。



インテリアは上質感を演出

インテリアは合成皮革とファブリックのコンビ・シートや本皮巻きステアリング・ホイール、木目調ダッシュボードを採用し、質感向上を図っている。



LEDヘッドライトを採用

従来モデルについては、中間グレードの「L」とXにLEDヘッドライトを採用するとともに、Xのフロント・グリルがメッキ仕上げになった。また、2トーン仕様のルーフ色をソフトベージュに変更している。

室内装備ではXにナノイーX搭載エアコンと360度プレミアムUV&IRカットガラスを追加し、ライトブラウンとライトグリーンのシート表皮を新たに設定。LとXではオプションで7インチのディスプレイ・オーディオが選べるようになった。



安全装備も充実

安全装備の機能向上も実施。全方位モニター用カメラパッケージ装着車にすれ違い支援/左右確認サポート/3Dビュー表示が追加された。

そのほか、新たに全車標準装備となったのは、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラ・ブレーキサポートとUSB電源ソケット。USBは、タイプA・2.4AとタイプC・3Aを各1口ずつセンター・クラスター下部に設置した。

価格はLCが140万9100円〜164万6700円、標準モデルが125万1800円〜159万7200円となっている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED