2022.08.20

CARS

いま買うなら、これでしょう! 予算550万円以下で世田谷のコレツィオーネで粋なイタリアン・クラシックを物色する!!

435万円のフィアット1500カブリオレ(1964年型)。

全ての画像を見る
ついに到来したインフレ時代。すでにじわじわと値上がりしている輸入車だが、今後は国産車だって値上げを余儀なくされるに違いない。そんな時代だからこそ「価格を超えた価値ある楽しさ」があるクルマに乗りたい。でも、今回は新車じゃなくて中古車。しかも粋なイタリアン・クラシック! 東京の目黒通り沿いにあるイタ・フラ車専門店として知られるコレツィオーネを訪ねて、550万円以下の「いま買うなら、このクルマ」を探した。

アンダー550万円でクラシックを探すならキャブレター車がいい

「例えば、アルファロメオ・ジュリア・クーペでも500万円以下の売り物が出てくることは、ほとんどなくなってしまいました。それでもちょっと目線を変えれば、まだ面白いモデルを探すことはできますよ」

そう話すのは、東京・世田谷区にあるイタリア、フランス車のスペシャルショップとして有名なコレツィオーネの成瀬健吾社長だ。

シリーズを通じて細かな変更が行われたカブリオレだが、この64年型からシャシーを63年登場の1300/1500用に変更。ブレーキがサーボ付きの4輪ディスクとなり、実用性も大きく向上した。幌はビニール製のリアウインドウもクリアで良好。

「個人的にアンダー550万円でクラシックを探すなら、キャブレター車が好きなので77年以前のクルマ。日常で使うわけじゃないので、開放感のあるモデルで、できればオープンがいいですね」

と答える成瀬社長が薦めるのが、フィアット1500カブリオレだ。

1500カブリオレは、ダンテ・ジアコーサ設計の近代的な小型サルーンとして53年にデビューした1100/1200の派生モデルとして59年に登場。63年に同じピニンファリーナ・デザインながらボディを変更し2代目へと進化している。取材車はシャシーを1300/1500に変更した64年型で、73psを発生する1481cc直4OHVユニットを搭載している。

1481cc直4OHVエンジンは基本的にサルーンと共通となる。

「2017年に日本に輸入された個体で、弊社のお客さまが乗っていたものです。内外装も機関の状態も良好で、トノカバーのほか貴重なハードトップも付属しています。バンパーのメッキが傷んでいたので現状では外していますが、もちろんパーツはお付けします」

そう説明を受けた後、実車を見て驚いたのは、握りの細い純正のステアリングや、AUTOVOX製のラジオ、ウェーバーDCDキャブレターにつくエアクリーナーなどオリジナリティが高いのはもちろん、一度しっかりとレストアされているらしく、オープン・モデルでありながらボディのコンディションが素晴らしいことだった。しかもフィアット1100系の機関は丈夫である上にパーツも豊富というのは、維持をする上でも心強い話だ。

確かにメジャーなモデルではないものの、プチ・フェラーリというべきピニンファリーナらしいエレガントなスタイルをもつ1500カブリオレは、酸いも甘いも知り尽くした粋人にふさわしい、魅力的な1台といえるだろう。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED