2022.09.01

CARS

Renault ARKANA × DIOR スタイリスト・祐真朋樹の「乗る車 × 着る服」

スタイリスト、祐真朋樹が話題のクルマに合わせた、旬なファッションをスタイリングするシリーズ「乗る車×着る服」。今回はF1の技術を応用したルノーのフルハイブリッド・モデル、アルカナとディオールの共演。

エレガントでありながらスポーティ

今回のクルマは、ルノー初となるクーペ風SUV、アルカナ。クーペ・ルックのデザインとともにF1からヒントを得てルノーが独自に開発したハイブリッドの新たなパワートレイン・ユニット「Eテック・ハイブリッド」が注目を集めている。合わせた服は、ジャック・ケルアックの『路上』がテーマとなるディオールのフォール 2022 メンズ コレクションからチョイスした。チェック柄のジャケット、表情のあるニットなど、エレガントでありながらスポーティなアイテムが揃っている。こんなハイブリッドなファッションこそ、アルカナに相応しい。

ブルゾン39万円、トラウザーズ16万5000円、シャツ36万円、ネクタイ※参考商品、スパンコール・ソックス57万円、シューズ13万5000円 (ディオール/クリスチャン ディオール Tel.0120-02-1947)

長袖Tシャツ24万円、トラウザーズ15万円、シャツ16万5000円、ネクタイ※参考商品、ニットキャップ41万8000円、サングラス7万2600円、バッグ50万円(ディオール/クリスチャン ディオール Tel.0120-02-1947)

クーペスタイルのSUV

5月26日より発売がスタートしたアルカナ。ルノーがモータースポーツで培った技術と経験が凝縮されたモデルだ。エクステリアは緩やかな弧を描くクーペ風のルーフ・ラインが特徴。一方、インテリアはカーボン調パネルや赤いステッチ、アルミ・ペダルなど、スポーティな雰囲気に仕上げている。エレガントなクーペスタイルのSUVでありながら、旅行やレジャーにおいても快適に過ごすことができる広い室内空間を備え、ラゲッジスペースの積載量は480リッターを確保。エンジンは94ps/148NmのHR16型1.6リッター直4自然吸気。これに49ps/205Nmの駆動用と、20ps/50Nmの始動及び発電用の2基のモーターを備え、前輪を駆動する。駆動用バッテリーは1.2kWh・250V。全長×全幅×全高=4570×1820×1580mm。車両重量1470kg。車両本体価格429万円。

ジャケット38万円、トラウザーズ16万5000円、シャツ15万円、ネクタイは参考商品、スパンコール・ソックス84万円、シューズ13万5000円(ディオール/クリスチャン ディオール Tel.0120-02-1947)

ファッション・ディレクター=祐真朋樹 写真=秦淳司 ヘアメイク=HIRO TSUKUI モデル=EMILE
車両協力=ルノー・ジャポン(ルノー・コール Tel.0120-676-365)

(ENGINE 2022年8月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED