2022.07.26

CARS

スズキ・ハスラーの兄貴、クロスビーが新顔でイメージチェンジ

スズキのスモールSUVである「クロスビー」が仕様の一部変更を実施した。

メッキ仕上げの新グリルを採用

エクステリアでは、横基調とした新デザインのメッキ・フロント・グリルと、切削タイプの16インチ・アルミホイールの採用。また、車体色にメロウディープレッドパールとミネラルグレーメタリック、ルーフ色にメロウディープレッドとミネラルグレーを採用し、3トーン、2トーンのカラーリングを合わせて13パターンの外装色をラインナップした。



USBポートを増設

内装では、シートのアクセントとパイピングに新色のレディッシュブラウンを導入した。中間グレードの「ハイブリッドMV」と上級グレードの「ハイブリッドMZ」はセンター・クラスター下部にタイプAとタイプCのUSBポートを各1口ずつ増設。ハイブリッドMVはフロント・ドア・ウインドウにUV&IRカットガラス、フロント・ウインドウにIRカット機能付きガラスを採用した。

ハイブリッドMZにはメーカー・オプションの「ブラウンアクセント・パッケージ」を設定。シルバーのステッチが入ったスエード調+ブラウン・レザー調の専用シート表皮をはじめ、ダッシュボードとドア・トリムのブラウンメタリックパネル、ブラック・レザー調のドア・トリム・クロスをセットで装着する。



1.0リッターのマイルド・ハイブリッドを搭載

パワートレインは従来型同様、1.0リッター直3マイルド・ハイブリッド+6段ATで、ハイブリッドMX、ハイブリッドMV、ハイブリッドMZの3グレードに、それぞれ前輪駆動と4WDを設定する。

価格は184.03万〜224.51万円となっている。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED