2022.08.04

CARS

自分だけのコーディネイトを楽しむ 新型ダイハツ・ムーヴ・キャンバスの純正アクセサリー登場

ダイハツから新型ムーヴ・キャンバス用の純正アクセサリーが発売された。同時に、メーカー・オプションと純正ディーラー・オプション・パーツでコーディネイトしたカスタマイズ・モデル、アナザースタイルパッケージがカスタマイズ例として提案された。

3つのカスタマイズ例を提案

新型キャンバスは2トーンの「ストライプス」とモノトーンの「セオリー」という、キャラクターの異なる2つシリーズを持つ。ストライプスは若い女性、セオリーは男性や高い年齢層の需要を想定しているが、アナザースタイルパッケージではユーザーの個性に合わせた3つのスタイルが設定されている。



可愛らしさと癒しの「リラックススタイル」

1つ目がストライプスをベースにした「リラックススタイル」。外装はドア・ハンドルやサイド・ガーニッシュ、フォグランプ・ガーニッシュをシャイニングホワイトパール塗装とし、メッキのエンブレムやバックドア・ガーニッシュを追加。内装はライトウッド調パネルを各部に装着し、可愛らしさと癒しを表現した。パーツ代と取り付け工賃を含むカスタム費用の合計は8万4964円となっている。



シックな雰囲気を強調した「エレガントスタイル」

またセオリーには、2つのプランが用意された。「エレガントスタイル」は、シルバーとメッキのサイド・ガーニッシュをはじめ、エンブレムや前後とドア・ミラーのガーニッシュをメッキで統一。ダークブラウンの室内装飾パネルとメッキ調のインパネ・モールでシックな雰囲気を強調した。カスタム費用は11万8800円。



渋さを演出した「ビタースタイル」

もうひとつが渋さを演出した「ビタースタイル」。ドア・ハンドルやフォグランプ・ガーニッシュ、サイド・ガーニッシュとドア・ミラー、前後のロア・バンパーとサイド・ロア・ガーニッシュ、リア・バンパー・モールをブラックマイカ・メタリック、エンブレムをブラック・メッキでまとめた。また、ボディ・サイドに黒いピン・ストライプを入れ、シルバーとブラックの2トーン・ホイール・キャップを装着。室内は、ダークブラウンのパネルで飾っている。カスタム費用は12万406円。



さらに各スタイルには、色味を揃えたルーフ・キャリアや「ミニライト」のアルミホイール、追加ガーニッシュなどを加えた「プラス」仕様も設定。もちろん、各アイテムのパーツは個別に装着することができ、幅広いカスタマイズが楽しめそうだ。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED