2022.08.14

LIFESTYLE

本当に穴場!? 本格的なパニーニ、ピッツァが食べられるイタリアン・カフェが九段下・北の丸公園にオープン

提供直前にホットプレスされるホカホカのパニーニ

全ての画像を見る
森林公園として名高い東京・九段下の北の丸公園にカフェがオープン。そこで提供されていたのは、意外にも本格的なイタリアのピッツァやパニーニだった。

看板料理はローマ発祥のピッツァ

東京・九段下にある北の丸公園。この名前にピンとこなくとも、敷地内に日本武道館がある……、と説明すれば、ほとんどの人にお分かりいただけることだろう。この北の丸公園内、それも日本武道館の真向かいに7月、『CAFE 33/カフェ サーティースリー』がオープンした。以前は『ザ・フォレスト北の丸』というカフェ・レストランとしてメンチカツ・バーガーや、オムライス、ハンバーグなどのランチ・プレートを提供していたが、今回のリニューアルにあたりメニューを一新。その場で調理されたピッツァやサンドウィッチ、ドルチェなどを味わえる、本格的なイタリアン・カフェに生まれ変わったのだ。

豊富なメニューの中でも特にオススメしたいのが、この店の看板商品である「ピッツァ アル タリオ」。ローマ発祥の20cm×10cmの四角いピッツァで、クラストのサクサクとした食感が病みつきになる逸品だ。定番のマルゲリータだけでなく、生ハムやマッシュルーム、チョリソーやコーン、リコッタチーズといった、旬の具材をふんだんに使ったピッツァだけで5種類あり、軽やかな飲み心地のイタリアン・ビール「ペローニ」との相性も抜群だ。



またピッツァに加えて、パニーニなどのサンドイッチ類も試してみたい。全粒粉小麦を使用したパニーニは、香ばしく、歯応えがあってボリューミー。提供直前にホットプレスされるので、温かい状態でいただくことができる。ショーケースに並ぶドルチェも、ティラミスやパンナコッタ、フルーツタルト、チョコレートケーキなどと充実している。

店内はホワイトとグリーンを基調としたナチュラルな雰囲気。店内が84席、テラスも24席あるので、広々とした空間でゆったり寛ぐことができるのがいい。

ちなみに筆者は、北の丸公園にコンサート以外で出かけたことがなかったが、実は散策するだけで気持ちが良く、これから9月にかけてはキョウチクトウやサルスベリ、ムクゲの花を、また秋には紅葉を愛でながら森林浴を楽しむことができる。公園を散策する前後に、お腹を空かせて立ち寄りたくなる、これぞ超穴場のカフェである。



文=永野正雄(ENGINE編集部)

(ENGINE WEB オリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED