2022.10.25

CARS

国沢光宏に「勝ち戦間違いなし!」と言わせる新型日産エクストレイルは、どこがそんなに優れているのか?

新型日産エクストレイル

全ての画像を見る
輸入車と真っ向勝負!

車体もバランスが良い。日本車としては頑張ったボディ剛性を確保し、サスペンションの取り付け部分にしっかり強度を持たせた。結果、脚まわりが滑らかに動くようになり、乗り心地は“フェチ”の領域に入っている私ですら「ノーマルでもいいか」というレベル。その上で、電動パワーステアリングのモーターをラックに直付けするWピニオンのステアリングを採用している。このステアリング・システム、欧州車が好んで採用しており、直進安定性抜群! コーナーでステアリングを切り込んだ時の操作感も抜群に良い。新型エクストレイルのステアリングを握ると「なんだか解らないけれど意のままに走ってくれる感覚」を味わえるんじゃなかろうか。輸入車と比較したって全く負けていない。



オプション価格8万8000円のナッバレザー内装を装着。上質なイメージが格段にアップする。色はタンのみ。

全体的な仕上がりの良さは、300万円台で買えるクルマとして考えれば突出して優れていると思う。日本人好みのシャキッとしたボディシルエットや、ダイヤモンドステッチを使うシート地(素材も特殊)なども頑張っている。日産によれば先代モデルより全ての質感をワンランク以上高めることを開発目標にしたという。4WDは後輪を独立したモーターで駆動するタイプ。滑りやすい路面だけでなく、街中を走っている時の回生制動で車体全体の動きをコントロールしているそうな。どういう制御をしているのか乗っていて感じないものの、落ち着いた走りの味を作りだしていると説明された。雪道の相棒を考えているようなら、ぜひ試乗してみて欲しいと思う。ライバルはアウトランダーPHEVです。

文=国沢光宏 写真=茂呂幸正

取材車は最上級のG e-4ORCEで449.9万円。

(ENGINE2022年11月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED

PICK UP