2023.01.11

CARS

30年30万キロのちょっと古いベンツでグランドツーリング! 熊野古道まで行ってきた!!【メルセデス・ベンツ300TE(1992)長期リポート #157】

エンジン編集部の長期リポート44号車/メルセデス・ベンツ300TE(1992)

全ての画像を見る
雑誌『エンジン』に掲載された編集部の長期リポートの44号車、メルセデス・ベンツ300TE(1992年型)の過去13年間分の記事をWEBで再掲載している連載です。毎週水曜日12時更新。今回は走行距離が32万3160kmの2022年12月号のリポートです。

久しぶりのロングドライブ

通勤で都内をちょこちょこと走るだけの日々を過ごしている44号車。久しぶりに旅に出ました。豪雨でも安心できる頼もしい相棒でした。

七里御浜を松本峠から見る。七里御浜は熊野灘に面した海岸で砂ではなく小さな玉じゃりが続く。

今月の走行距離は2000km。いつもより図抜けて多いのは、久しぶりの長距離ドライブに行ったからだ。旅の目的地は三重県熊野市の熊野古道。熊野古道は紀伊山地の「熊野三山」、「高野山」、「吉野・大峯」という3つの霊場を結ぶ参詣道で、今回はそのなかから伊勢路ルートのひとつ松本峠を歩くことにした。

東京からのルートは新東名~伊勢湾岸自動車道~紀勢自動車道である。

御殿場から新東名へと44号車は高速道路を粛々と行く。最高出力185ps/5700rpm、最大トルク260Nm/4400rpmを発生する3リッター直6SOHCは、目の覚めるような加速を提供するといった派手さはない。黙々と仕事をする感じだ。それがかえって頼もしい。

新東名は制限速度120km/hという区間が長く、東京から名古屋までは本当に近くなったと思う。44号車の120km/h巡行は4速3300rpm。4000rpmを超えるとオイル上がりのせいなのか、マフラーから白煙が出ることがある。現状の44号車では120km/hは上限の目安かもしれない。

しっとりとした上質な乗り味には、改めて感心した。ガッチリとしたボディとしなやかに動く足によって、乗り心地が素晴らしい。ボールナット式のステアリング・フィールもいい。きっちりとした手応えがありながらも、操作感はとても滑らかで気持ちがいいのだ。

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

タグ:

PICK UP



RELATED