2023.01.25

CARS

限定500台は売り切れ必至 スバル・レヴォーグにSTIチューンの「STIスポーツ#」追加

スバルがレヴォーグの特別仕様車である「STIスポーツ#」を「東京オートサロン2023」で発表した。

黒を活かし、ドレスアップ

ベース車は2022年に追加された2.4リッター水平対向4気筒ターボを搭載したトップ・グレードの「STIスポーツR・EX」。エクステリアは、フロントまわりにダークグレーシリカ塗装に漆黒メッキ加飾を施したグリルと、スカート部をブラック塗装にしたバンパーを採用。ドア・ミラーとルーフ・アンテナはクリスタルブラック・シリカ塗装、前後のSTIエンブレムのエッジやリアの車名とシンメトリカルAWDのオーナメントはラスターブラック塗装で仕上げられる。



ボディや変速機もファインチューン

タイヤは225/40R19のミシュラン・パイロットスポーツ5で、ホイールはスーパーブラックハイラスター塗装を施したBBS製のSTI仕様。ボディのフロント部にはSTIスポーツ#ロゴ入りのフレキシブルド・ロー・タワーバーを装着し、STIロゴ入りのフレキシブルド・ロー・スティフナーが前後に装備される。また、トランスミッションには高性能版のオイルクーラーと専用コントロールユニット、スペアタイヤ・パンとリアの荷室には専用制振材が設置される。



レカロ・シートを標準装備

インテリアはフロント・シートがレカロ製で、前後席ともブラックの合成皮革とウルトラスエードにシルバーステッチが入る。前席は8ウェイ電動調整式だ。ダッシュボードとドア・トリムはスエード調の表皮で、ダークキャストメタリック加飾の入るセンタートレイのほか、フロアコンソール・リッドとドア・アームレストもブラック表皮ともどもシルバーステッチ入り。ルーフ・トリムとピラーはブラック生地が張られる。

ボディ・カラーはブルー系2色とブラック、ホワイトの4色で、オフショアブルー・メタリックは3.3万円高となる。生産台数は500台限定。受注期間は1月26日〜5月12日だが、限定台数に達した時点で終了となる。

価格は576.4万円。



文=関 耕一郎

(ENGINE WEBオリジナル)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED