2020.03.01

CARS

自然吸気の6パツが復活! 718ケイマン/ボクスターGTS 4.0が登場

エンジンのダウンサイズ化を受け入れ、自然吸気のフラット6からターボ過給の水平対向4気筒へと大胆な変更を断行したポルシェ718ケイマン/ボクスターに、自然吸気の6パツが追加された。それがこのGTS4.0。718ケイマンGT4および718スパイダーという限定車には設定されているが、カタログ・モデルとしてはGTS4.0が718シリーズ初の6パツ搭載車となる。


ミドシップに搭載される自然吸気の水平対向6気筒ユニットは718ケイマンGT4および718スパイダーと同じ4.0ℓ。このエンジンは992用の3.0ℓフラット6をベースに4.0ℓ、自然吸気化が図られたものだ。ただし、限定車の2台が420㎰の最高出力を発生するのに対し、GTS4.0は400㎰と20㎰ほど抑えられた数値となっている。なお4気筒版のGTSと比べると35㎰高い。組み合わされる変速機は6段MTのみ。0‐100㎞/h加速は4.5秒、最高速道は293㎞/hを誇る。


シャシーは車高が20㎜低い"PASMスポーツ・サスペンション"を採用。さらに機械式LSDを備えた"ポルシェ・トルク・ベクタリング"や"スポーツ・クロノ・パッケージ"、"ポルシェ・アクティブ・ドライブトレイン・マウント"を標準装備にするなど、シャシー側の強化も万全だ。タイヤは前後で幅の異なる20インチを履く。また、クロームの代わりに黒を用いたエクステリアや、アルカンターラを用いたインテリアなど、内外装の仕立ては4気筒のGTSに準じている。


日本での価格はケイマンが1072万円、ボクスターが1110万円。発売は追って発表される。




文=新井一樹(ENGINE編集部)


(ENGINE2020年4月号)

無料メールマガジン会員に登録すると、
続きをお読みいただけます。

無料のメールマガジン会員に登録すると、
すべての記事が制限なく閲覧でき、記事の保存機能などがご利用いただけます。

いますぐ登録

PICK UP



RELATED